大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)体験記

大いなるものとつながって

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

久しぶりの投稿になります。
というのも、こちらの記事で感想をご紹介したアセンションした方に会ってきたのですが、半日一緒にいていろいろお話を伺ううちに、すっかり影響を受けてしまったようなのです。それで、ブログを書いたり、頭を使う作業があまりできなくなっていました。受け取ったものが大きすぎてうまく言葉にならなかったというのが正解かもしれません。

qhht.hatenablog.com

会った彼女はとても元気で、嬉しそうで、楽しそうでした。そして、とても女性らしくなっていました。「自分を大事にする」、「自分に向き合う」、「直感を大事にする」、「自分を機嫌よくさせることが高い波動につながる」と、誰よりもまともなことを言っていました。
そのプロセスで古い自分を整理して捨てたくなるから、「Naokoさんも、ゴミ袋たくさん用意しておいてください」と彼女に言われて、笑ってたのですが、その通りになりました。この数日で一体何袋断捨離したことか!物質的にも心身とも軽くなりたくなるようです。

彼女は昔のブログすら全削除して、現在こういうブログを書いています。

Free Yourself

sheezus.hatenablog.com

アセンションって、何なのか、私自身、正直わからないと思っていたのですが、お話を聞くうちに、いわゆる「目覚める」、「覚醒する」ことなのかなと思いました。彼女は今いろんな次元にアクセスして、様々な情報を得ているようで(常時ではないそうです)、いわゆる勘が冴えてる状態でした。話の中で繰り返し「3次元の私たちなんて、サブコンからしたら所詮蟻みたいなんだから」と笑いながら言っていたのが印象的でした。

ドロレス・キャノンの娘であるジュリア・キャノンもサブコンシャスの説明をするときに、「Big Me」という言い方をしています。

松村先生も短編「対話篇、いかにして人間は目覚めるのか(13)」の中で、「内部分割されて次元が低くなった存在は、より高次な物質から脱落したのではなく、より高次な物質の腹のなかに包み込まれている」と同様の説明をされています。

このブログのタイトル「大いなるものつながって」も、今ここにいる小さな自分は、もともと大きな自己の一部である、その繋がりをQHHTで取り戻すことを意味して付けたのですが、「目覚める」、「覚醒する」とは、その繋がりが、かなり強く頻繁になる、つまりはサブコンシャスに近づくことだと思いました。

では、どうやったら近づくのか?物捨てたりとかありますけど(笑)、他にできることは?まず、サブコンシャスが常に語りかけていることに細かく注意を向けることです。彼女は無意識で向けた視線の先にあるものすら、サブコンシャスからのメッセージであることなどを教えてくれました。例えばお店に入って、何気に目に入ったもの、その意味を考えてみると発見があったり。また、贈られた花束の花言葉や、通りを歩く人の言葉(これはよく道を迷ってたら、「あっちが~だよね」と言ってくれることを何度も体験しています 笑)など、本当に様々な事象がサブコンシャスからのメッセージだと。

そういうふうに物事を見ていくと、いろいろな発見があったと同時に、本来の自分のことを思い出してきました。私はもともとそういうタイプの人間だったんです。もっと直感的に、いろいろなことを判断していました。サブコンシャスからのメッセージをもっと聞いていました。
でも、聞いてなかったとしても、サブコンシャスは諦めないんですね!過去を振り返ると、あそこでも、ここでも、というものがあるのです。ただ気づいてないだけなのです。ここ数日はそういうパズルのピースを拾っては合わせる作業をしていたように思います。
様々な発見があった中、一番驚いたのは、6年前に自分で書いたガイダンス(ガイドからのメッセージ)のノートでした。そこに今自分がやっている、もしくはやろうとしていることが書いてあったのです。

何も考えないと怖くなるのは、己の深い底に沈んだ考えが浮き上がってくるのを怖れるためだ。

何も考えないという状態に慣れていないため、居心地の悪さを感じてしまう。あまりよく知らない状態なので、それを怖れと認識してしまうのだろう。

しかし、怖れることは何もない。
そこから魂との対話が始まるのである。

日常の些細なことに対する雑念が止んだ時に、初めて深い静けさの中にある本当の自分の声が聞くことができるのだ。

その日が来るのを楽しみにしているがいい。望むなら、その日は必ずやってくる。

お前は前世から今世に来るときにやりたいと思ってきたことがある。それは夢に関すること。しかし今は詳細は言えない。お前自身が探していくことに意味があるのだ。

しかし、もうその旅は始まっている。

ゆっくりと時間をかけて。しかし、着実に歩いて行くがいい、友よ。

実は、私は最近になって、自分の過去世の夢の神殿を再現したいと強く思うようになっていたんです(そのセッションはこちら)。

qhht.hatenablog.com

再現といっても、それを使ってトランス誘導をするのです。実際に自ら主催するタロット道実践研究会で簡単なものをやってみましたが、とても面白く、評判もよかったです。

tarotdo.hatenablog.com

そして、さらなる準備のために、松村潔先生の夢研究講座に参加したところだったのです。このノートを読ませるために、サブコンシャスは、まさに夢を通して手の込んだ?(笑)仕掛けをしてきました。それについては、また別の機会に取り上げてみようと思います。

こういう体験をすると、「目覚める」ということは、物理的にはさほど変化しないし、何の役にも立たないかもしれませんが、心を豊かにしてくれますし、とても楽しく、あたたかく、喜びに満ち溢れたものであると感じます。

 

だって、時空を超えてサブコンシャスは、ずっとあなたの側にいて見守ってくれているのですよ。

(私はガイドもサブコンシャスの一部だと思っています)

 

*レベル2プラクティショナーNaokoのQHHTセッションご案内*

 

5月東京日程(5/14現在)

5月の受付は終了しました。6月は福岡ともお休みして、7月から再開予定です。

 

5月2日(祝)予約済、4日(祝)予約済、5日(祝)予約済、19日(日)予約済

 

*6月はセッションをお休み致します(福岡も)。7月には再開予定です。

 

*日程のリクエストがある場合は、早めにご連絡いただければ、ご都合に合わせることは可能です(水曜日・木曜日以外)。

*日程は随時変更になることがあります。

*スタート時間は10時~13時の間、基本的にお好きな時間を選べます(セッションは全部で4~6時間かかります)。

*福岡の日程につきましては、お問い合わせください。

*返信メールが迷惑メールフォルダに入っているとご連絡がありました。数日経っても返信がない場合は、ご確認ください。

  

ご予約&お問い合わせはこちらのHPから

www.alrescha17.com