大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

QHHTセッションの感想をいただきました!

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

 

つい最近私自身もQHHTセッションをまた受けたのですが、なにかクリアにこの辺りを知りたいというのがあると、よりはっきり出てくるものだ、ということがわかりました。自分の中に記憶のストックとでもいうのでしょうか、そういうものが存在していることが実感できたのです。松村潔先生がエーテル体には何層かあるという話をよくされていますが、記憶が保管されている、どこかの層にアクセスできた気がしました。


そして、改めて質問されることの面白さがわかりました。そんな答えが出るなんて?というようなことをペラペラしゃべる自分にびっくりでした。最近のセッションでは、誰しも意識があるのは普通なのですが(特に2012年以降とQHHT界隈では言われています)、質問によって意外な答えをしてしまうのです。
とても面白いセッションだったので、またいずれ公開しようと思っています。

 

それから、自分の体験でもあり、来られる方もよくおっしゃることなのですが、予約の時点から何かスタートしている感じがあります。セッションまでの間に、体調が悪くなったり、感情的に何か噴き出したり、ここ掘れ、ワンワン的にサブコンシャスがサインを送ってくれているか、何かの調整をしているように感じます。お話をお伺いすると、何かが起きている場合が多いです。

 

今回はまずいただいた感想をご紹介したいと思います。
昨年来られた方ですが、やはり宇宙系の方でした。内容の方は、あとからいくつかに分けてご紹介していきたいと思います。

 

QHHTを受けての感想

 ・Naokoさんの誘導が、安心感に満ちた素晴らしいものだったことを、まず記したいと思います。(個人的に、セッション記録のブログを読んでいたときには気づかなかったので、受けようか迷っている方に伝えたいと思いました)

誘導中は、Naokoさんの個人的な思惑のようなものは一切入っておらず、宇宙的な軽さに常に満ちており、一定のエネルギーを保ち、最後まで一貫して、やわらかに寄り添いながら誘導された感覚がありました。

おかげで、初めてでも安心して、誘導に身を任せることができました。

このような施術を日本語で受けることができることに本当に驚き感動しましたし、素晴らしいセッションになったことに、心から感謝です。

 

・QHHTセッションの翌日の目覚めは、今まで生きてきた中でこんなにスッキリ目覚めたことはない、というぐらい、体が軽くスッキリしていて、驚きました。

 

・サブコンシャスに言われたように、夢をよく見るようになりました。

セッション中に感じた「?」の回答らしき夢も見られ、嬉しかったです。

またセッション前に見ていた夢と、異なる傾向の夢を見はじめたのも嬉しいです。

最近、夢へのアプローチ方法で行き詰っていた部分が、解消された感じです。これは本当に大きな収穫でした!

 

・QHHTの最中は、自分の中に、①宇宙世 ②10代のインナーチャイルド ③自分の通常の意識 ④サブコンシャスの4つの意識が同時に存在している感じでした。そして質問によって、意識が勝手に入れ替わっていきました。

 セッションの最初のほうでは、サブコンシャスから受け取った情報や見た映像はたくさんあったのですが、普段の自分の意識が、疑いやためらいから、情報の受信(or探索)を止めているのがわかりました。セッション中の自分の疑いの声がうるさいぐらいでした。

ただ、セッション中、Naokoさんが繰り返しいろいろな角度から質問してくれたことで、自分でも思ってもみなかった答えをいつの間にか答えていて、気がつけば通常の意識は静かになっていきました。

セッションの最後に、意識(思考)を通過させずに話す方法をサブコンシャスから受け取り、その方法を思い出すようにサブコンシャスから指示があったのがおもしろかったです。当初、個人的にはセッションがフルトランスだといいのにと思っていましたが、これからを生きる世代には、意識のあるままサブコンシャスの情報をキャッチすることが必要だから、セッションがこういう形になっているのかもと感じました。

また、今回アクセスしたのは潜在意識の最初の層という感じがしました。今後、もっと深いところにアクセスしてみたいです。

 

・施術前に、ドロレス・キャノンの「この星の守り手たち」を読みました。そのためか、初めてのQHHTで、主人公フィルの語るような物語を、私も見られるかもという期待を持っていたことに気がついて、恥ずかしかったです。当然ですが、初めてのQHHTではそこまでは到達しませんでした。

むしろ、今回の施術は、はじまりを示すものではないかと気づいたのは数日後のことです。

私は宇宙世として「地球にやってくることになったある宇宙船の王子の記憶」を見ましたが、QHHTが終わって2日後、夢の中で「私は王ではない!」と大声で怒鳴られ、飛び起きるという体験をしました。この夢のおかげで、「自分が見た過去生を、夢が否定してきた? これはどういうこと? 続きがあるのか?」と気づいた次第です。SCの手法、手がこんでますね。

 

施術から約1ヵ月後、「人類の保護者」(ドロレス・キャノン)を読んだ中に、「セッションではその人に一番必要なものを見せられる」とありました。

私がセッションで見たのは、「孤独」でした。これまでほかの手法のワークを実践してきて自分に孤独感があるのは知っていましたが、まさか今、これを見るというより「体験する」とは思ってもみませんでした。とてもインパクトのある、深い体感でした。

現在、孤独だからどうにかするということはしていないのですが、孤独に触れている感覚は今も続いています。

そのおかげで、人に対して「人の個性って、それぞれの孤独の表現なのかも」と思うようになり、そう思えたことで、他人・自分も含めた人との距離感が、けっこう変わった気がしています。

 ・セッション後、感じたことをノートに書いているのですが、自分が書き記した内容と、ほかの方のセッション記録や、読んでいる本の内容に、同じものを発見していくシンクロが増えておもしろいです。(緑のかたつむりの糸の話など)なんだか、推理小説を読み続けている気分です。

 

Tさん、素敵な感想をありがとうございました。とっても嬉しかったです。

 

 

2019年1~3月東京日程(1/22 現在)

1月4日(金)予約済、5日(土)予約済、 21日(月)予約済

2月3日(日)予約済、16日(土)予約済、18日(月)予約済

3月3日(日)、20日(水)、22日(金)、23日(土)、24日(日)

 

*日程は随時変更になることがあります。

*スタート時間は10時~13時の間、基本的にお好きな時間を選べます(セッションは全部で4~6時間かかります)。

*福岡の日程につきましてはお問い合わせください。

*返信メールが迷惑メールフォルダに入っているとご連絡がありました。数日経っても返信がない場合は、ご確認ください。

 

ご予約&お問い合わせはこちらのHPから

www.alrescha17.com