大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

「地球は囚人惑星なのか?」

f:id:qhht:20200716004724j:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

 今回のQHHTセッション記録は、2019年4月に行われたものです。前回の『天使のためらい』で、地球が「とんでもない星」「とんでもなく低い次元」と天使は何度も強調し、地球に降りることを躊躇っていました。

qhht.hatenablog.com

qhht.hatenablog.com

qhht.hatenablog.com

 そういえば、以前のセッションの質問に似たような話がでたことを思い出し、急遽掘り起こしてみました。
この方は質問の中にズバリ「地球は囚人惑星なのか?」と聞かれていたのです。

ミシェル・デマルケも地球のことをカテゴリー1に属する進化の段階では最も低い段階の、<悲しみの星>であり、「かなり特別な種類の習得環境になっている」と述べています(ミシェル・デマルケ著『超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」』より)。

果たしてどうなのでしょうか?その質問にKさんのサブコンシャスが答えています。

地球は囚人惑星なのか?

N:地球は囚人惑星っていう説があるんですけど、これどんなふうに思われますか?

K:(ふっふ…)笑っちゃうね。誰が言ったんだろうね、本当に。

N:どうですか、これは?

K:まあ、そうも言えるかもしんないよね。

N:(笑)そういう見方もあると?

K:まぁね。

N:でもどうなんですか?Kさんのハイヤーセルフ、サブコンシャスの考えはどうなんですか?

K:たぶん……いろんな階層。階層があるから人それぞれ。

N:いろんな階層があるんですね?

K:振り返す人はそうでしょ。

N:繰り返す人は…

K:囚人…かもしれない。卒業する人もいるでしょ。

N:その違いは何なんですか?

K:階層。次元。

N:繰り返す人は、その繰り返す次元のままにいるということ?

K:経験が足りない。もっと経験したい。繰り返す。

N:経験するために、繰り返してるんですね。違う階層に行くと…

K:卒業がある。

N:卒業する時とは、どういう時に卒業できるんですか?

K:人それぞれ。

N:Kさんは、ゆくゆくは宇宙に帰りたいと仰ってたんですけど…

K:まだいいよ、楽しんでる。来世も地球。

N:もともと違うところから来たんですか?

K:ずっとここかな。もう思い出せない。

N:生まれたのも地球ですか?生まれたというのも…

K:そういうわけじゃないでしょ。魂は永遠だから。

N:そうですよね、確かに。でも地球での体験は結構楽しんでる?

K:そうだね、楽しいよね。どっちかというとね。

N:何が楽しいのですか?

K:科学かな。

N:もう少し詳しく言っていただくと、どういうことですか?

K:科学技術。

N:でも宇宙にはもっと発展したものがあるという話…

K:それは、それ。自分は自分。人それぞれのレベルがあるでしょ。少しずつ知っていく。

N:時々上から降りてきた感覚(科学的な発見に関して)があったという話をしてましたが、そういうのもあるんですか?

K:常套手段だね。みんなが気が付いてないだけでしょ。

N:結構降りてきてるというか、アクセスはできるんですね?

K:みんなある。意識してるか、してないかでしょ。

N:Kさんはそれを分かってるし…

K:わかっている。

N:それをたまに持ち込んで…

K:よくわかっている。

N:そういうのも使いつつ…そういう意味でも楽しんでるんですかね?

K:楽しい。

N:こういうピリチュアルみたいなものも子供の時から馴染みがあったようなんですけど、これはどうしてですか?

K:昔から知ってたら。ただ知ってたから。

N:それはKさんの魂は既に知って…

K:分かってた。知らない人も多いよね。

N:知らない人ってなぜ知らないんですか?

K:訓練。

N:訓練すればこれも?

K:う~ん、忘れてるから。

N:じゃあ、思い出すように訓練していけば?

K:思えばだんだんそうなっていくよね。少しずつ変わっていくよね。あなたも知ってるでしょう?

N:そういう感じがしてます。宇宙がより近くみんなの意識に入ってきている感じはありますね。

K:宇宙…宇宙っていう、宇宙がそんなに大事?みんなが宇宙でしょう。宇宙は宇宙じゃないの。みんなが宇宙。宇宙は別物じゃないの。

N:外にあるものじゃないと?

K:そういうこと。みんなが宇宙でしょ。星空が宇宙って、特別視しちゃダメでしょ。そこが間違い。

N:今ここで生きてるこれ自体がもう宇宙ってことなんですね?

K:あなたが宇宙。私も宇宙。宇宙の中で住んでる。

N:じゃあ、さっきの囚人惑星というのは、その人がそう思い込んでる宇宙を作ってる考えなんですか?

K:う~ん、そういうこともあったかもしれない。昔のことかな。

N:今は全然違うんですね?

K:目的が違う。変わった。

N:目的って、どんなふうに変わったんですか?

K:閉じ込め。

N:前は閉じ込めだった?

K:うん。

N:今は?

K:解放。

N:そうなんですね。いつくらいから変わったんですか?

K:最近。

N:割と最近ですよね。なんかそんな感じはあります。じゃあ、今からますます解放に向かっていくと?

K:乗り遅れないようにね。

N:はい。乗り遅れないために何か…

K:今のままでいいよ。

N:気をつけるべきことはありますかね?

K:素直に。自分に素直に。自分の気持ちが大切です。

N:確かにそうですね。

K:もう知ってるでしょ。

N:はい、分かります。ありがとうございます。

 おわり。

いかがでしたか?

以前の目的が「閉じ込め」であったのに対し、今は「解放」に変わったと言っています。前回の天使の方も、地球の周波数が上がったら使える、ロサンガを使い女神エネルギーを降ろすことにつて、「もうすぐ必要になるはずといういことで、おそらくもたらされた情報だと思います」と言っていました。

実は私のセッションでは2019年頃から「解放」に関するものが増えてきました。ジュリアは2011年に(人類の)カルマは終わったというメッセージを彼女のサブコンシャスから受け取っていたそうです。

これは現在世界で起きていることと関係しているのでしょうか?

 

セッション再開しました

セッションを再開し、以前ご予約頂いた方をご案内しました。その間に有難いことにたくさんのお問い合わせを頂き、7/1より、新規の方のご予約を受け付けていたら、8月分まであっという間に埋まってしまいました。お陰様で7月8月はすべて満席です。ありがとうございます。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

ただ東京のコロナ感染数が増えており、緊急事態宣言が出るような事態になったら、キャンセルや変更になることもあります。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com