大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

旅するヘルメット②ー全部ネタになる

f:id:qhht:20200618202901p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

今回のQHHTセッションは3年くらい前に行ったもので、前回の続きとなります。 

qhht.hatenablog.com

 今回は、ヘルメットの意味が明かされます。誰にかぶせてもらったのか?質問もしております。

 興味深いと思うのは、このCさん、そして夢を使って宇宙に繋がるのMさん、UFOでの円卓会議のMさんは、すべてこの地上にいながら、宇宙へ繋がっているのです。つまり、地上と宇宙で同時に存在しているということです。
こういう方は今まで他にもいましたが、覚えてらっしゃいますか?円卓会議のMさんの言葉…

M:私たちがやってる人たちは、どちらかというと……なんていうか、…宇宙人の意識を保って生きてる人たち。それを大量にもっと数を増やそうとしてる。データを持ってる人たちの数をもっと増やそうとしている。運動?(笑)動き?が高まってるみたい。もっと大元に元々の星のデータを持ってる人たちをもっと多く生まれさせようという計画みたいなものがある。

N:その動きが今高まってるっていうのは、それまではそんなことはなかった?

M:ここまでの…データを送ろうとする計画っていうのは、おそらくここ80年とか70年前からみたい。

UFOでの円卓会議②ー宇宙意識を保つ人を増やす動き - 大いなるものとつながって

面白いですね?これはCさんにヘルメットを被せた存在なのでしょうか?

では、ご覧ください。

 

全部ネタになる

N:色々な宇宙での情景などを見せていたと思うんですけれども、なぜそれを見せたのでしょうか?

C:………(涙)……必要だから。

N:何に必要なんですか?

C:………これが最後だから見ておきなさい。

N:どういう意味の最後なんでしょうか?

C:(涙)もう肉体を持つのが最後。良く味わっておきなさい。…後でネタになるから。

N:どこでネタになるんですか?

C:経験をしたことのないものの中に入った時に話してあげる。

N:なるほど。経験したことのないもの中に入った時にそれを話をしてあげるわけですね、そしたら…

C:すごく…みんなが喜ぶ…

N:そうか。今世でCさんが経験している様々な辛い体験とかっていう大変さだった時ってことも全てそれもネタとなるということですか?

C:はい。

N:それもしっかり味わって…でもそれをやってきましたよね?それには意味があったんですね。

C:別に何でもいい

N:やることは何でもいいと?

C:たまたまそうなった。

N:それは意図してそうなったというわけではなく、たまたまそうなって…

C:それがしたかったんでしょう。

N:Cさんがしたかった。でも中身は何でもいいわけですね?経験が大事と。それを後でネタにして話してあげるというのが大事。

C:面白ければそれでいい。

生まれてきた目的

Cさんが生まれてきた目的っていうのは、そのあたりですか?何か体験してそれを伝えるみたいな?

C:そう。だからなんでもいい。

N:じゃ何か頑張ってやらなきゃいけないということでもなく、とにかくなんでもいいと?

C:やりたいことをやればいい。

ヘルメットの意味

N:先ほどヘルメットみたいなものを持っていて、ここではいらないと言ってましたが、その意味は何なんですか?

C:ヘルメットはここで使うものではないから、他所に行くためのものだからだから、行きたければ使えばいい。

N:なるほど、そういうことですか。でも持ってはいるんですね。それがあると帰ってこれるという話をしてましたが、行き先も…じゃあ、元々の場所にも行けるということですか?

C:好きなところに。

N:このヘルメットを渡した人って誰なんですか?渡した存在?

C:………私もだし、私だけじゃない。……知らなくていいって。

N:じゃあ、渡した意味は何なんですか?

C:いろんなとこ行けるように。

N:色んな所に行って欲しいと思ってる?

C:色々体験を…本人がそれを望んでいるから。面白いものを…見たいし、…見ておくといいし、全部…全部ネタにすればいいと思う。

N:なるほど。全部ネタにすればいい…

C:この世でもどこでも、ネタにすればいい。

N:この世でもネタにしてもいいし別のところでもネタにすればいいと。なるほど。

今まではちょっと苦労的なことがあったみたいですけ、もっと面白いことをして欲しいと思ってるんですね。

C:本人は苦労だと思ってるかもしれないけど、…ただネタだから別にそれは面白く…苦労したくなければ苦労しないようにすればいいし…どうとでもなるはずなんだけど。

N:どうとでもなるんですね。本人が苦労って思っちゃって…

C:それも…面白がってもいるんだと思う…

N:確かにそういうとこもありますね。

C:だから、今度は違う面白さを追求すればいい。本当にしたい面白い体験をすればいい。

N:それが今からやったほうがいいこと?

C:そう。

N:わりと今までは地球の社会の中でみたいな感じだったんですけど…

C:ああ、もう気にしなくていい。いいとか悪いとか分からないけど、本人が面白ければいいから。

N:社会でどうこうじゃなく、面白ければいいと。それはいいですね。本人は3年前に木星期に入って、周りからは社会的にどうのこうのと言われて、なんか違うんじゃないかと思ってたのはその通りということですね?もっと面白いことをやりたいことやればいいと。

C:うん。つまらないことに関わらなくていい。

N:コラボでやってたのをやめたみたいなのは…

C:全然いい。

ギャップを楽しむ

Cさんが生まれてきた生年月日、場所とか家族、肉体を選んだ理由って何ですか?

C:ギャップが楽しめる。

N:どういう意味ですか?

C:見た目と中身と…周り…周りが思ってることと自分が思ってることとかやりたいこととか…違うから面白くなるし、だからギャップを楽しめばいい…スムーズに行かない…周りが思ってるようにやらなくていい、そのギャップ。

N:それを楽しめばいいと。

C:そう、それが面白くなる。

生まれてきた生年月日とかにそれが現れてるんですか?そういうギャップを楽しむ?

C:いろいろ楽しめるように作ってある。

N:そうなんですね。それは素晴らしいですね。

C:あとは自分が面白いと思うことを…嫌なのが嫌なら、それもいい。

N:ギャップを楽しめるように作ってるんだから楽しめばいいと。無理をしなくていいと。

C:好きなようにすればいい。

N:何かこの家族を選んだっていうのは?

C:それもギャップ。みんな違うから。

N:最初からそういうものを見せて?

C:そう、同じにしなくていい。無理だから。

N:確かに。いろんな場所を転々とされたみたいなんですけど、それもそういう、いろんな場所でのギャップみたいなことですか?

C:そう。いろいろ違うものを…違う場所、違う人…違う習性…

N:それはさっきの話された体験することと繋がってるんですね?ネタにして…

C:そう。やればやるほど後で面白くなる。

N:確かに。

C:あの、今の体だけじゃなくて…

N:と言うと?

C:これで終わりだから。

N:あ、そっか。ここではこれで終わり?

C:そうね、もう。経験はネタになるから。

これからどこへ

N:この経験が終わったらどこに行くんですか?

C:ここじゃないけど…だから決めるのはいいと。行きたいところがあれば。

C:決めなかったら決まる。何かその時に決まる。

N:それは決めたければ決めればいいと?

C:行きたいところがもしあれば。

N:かなり自由な感じなんですね。

C:だから、ヘルメット被って見に行けば…

N:ヘルメットがあるから結構自由に行き来できるんですね。

C:好きなところ探せばいい。まだ時間はある。

N:どういうふうにしてそれ探していけばいいんですか?

C:ヘルメット被って行けばいい。

N:実際に行ってみればいいと、ここにいながら。行ってみればいいと。

C:行かないとわかんないから。

N:面白いですね。

自分の本性を見るには?

N:自分の本性が見えてないのではないかというふうに思ってるんですけども、これはどうですか?どんなものなんでしょうか教えてもらってもいいですか?

C:真逆のことをやってみればいい。

N:例えばどういうことでしょうか?

C:恥ずかしいこと。恥ずかしいと思ってること。嫌だと言ってること。嫌いだと思っていること。できないと思ってること。

N:それをやると本性が分かってくる?

C:やってないから見えない。

N:でもこれも先ほど言われてた経験積むということとも重なりますね。

C:半分やってないんでやってない。

N:最後だからこれ詰め込んでどんどんやって欲しい感じですね。

C:そう。やればいい。ちょっと不精。

N:どういうところが無精なんですかね?

C:やらない。

N:考えてはいるけどやらない?

C:やらないことにしている。

N:お話聞いてたら、時期が来るのをじっと待ってそれからガーッとやるみたいな感じですけどそういうやり方じゃない方がいいんですか?

C:それとこれは別。それはそれ。これはこれ。別にいつでもできる。

N:いつでもできるんだけどそれをやってないと?

C:やらなくても別にいいんだけど、ただやると面白い。

N:やると面白くて、それをネタとして持って行けるってことですよね。

C:もっと盛り上がる

N:(笑)ちょっとそれをやって欲しいってことですねサブコンシャスとしては。

C:知りたければ…

体脱(幽体離脱)するには

N:体脱をしてみたいけど、でも怖いという話をしてたんですが、どうですかね?

C:できる。

N:できるんですね?

C:する。

N:する…これは怖いじゃなくてもう…

C:慣れ。

N:何から始めたらいいんですか?

C:瞑想とヘルメット。いっぱいある。

N:ヘルメットを元々持ってきてるって言ってましたが、それをもっと使うということですか?

C:あと怖いと思ってることやってみる。…できる。

N:他に怖いと思ってることも、とにかくやってみるといいんですね。

C:うん。

N:そのヘルメットは意識するといいってことですか?

C:行こうと思えば被るから。

N:行こうと思うことがまず最初?

C:行こうとすれば…

N:まずは行こうっていうその意思が大事なんですね。体脱も体脱すると思えば…

C:そう。

夢の変化について

N:最近その夢の質が変わってきて夢と現実の間…敷居と言うか、それが何かなくなってきたような感じなんですけど、これはどういう意味なんでしょうか?

C:どっちも本当だから。起きてるのは起きてる時だけじゃない。起きてるのは起きてる時だけだと思ってる。

N:起きてる時だけと思ってるけど、そうじゃないと。

C:もっと見れるものはたくさんあるし、そっちを見た方が面白いかも。

N:それは夢を見てなくても、ここで目を開けたままでもあるってことですよね?

C:同じ。…本人が望んでるから。

N:どうやったらできるようになりますか?

C:瞑想とかもいいし…

N:瞑想したりすると、だんだんて見えてくると。

C:うん。……同じように扱う。

N:同じように扱う?

C:どっちも。

N:夢も現実も?

C:うん。

夢の中で乗り換えについて

N:夢の中で乗り換えよくしてるのは?

C:あ~迷ってるから。…決めてない。

N:何を決めてない?

C:どこに行きたいわかんないってるのが出てるから。

N:決めたら言ったことですかね?

C:そう。

N:どこでもいいんですよね?なぜ今まで決めずに出掛けちゃったりしてたんでしょうか?

C:知らないから。

N:何を知らない?

C:行きたいところも行けるところも。どこでも行ける。

N:どこでも行けるんですよね。今はどこでも行けるって分かりましたけど、行きたいところはどうやって決めるといいんですか?

C:行きたいところは行きたいところ。

N:行き先を決めていけばいいてことですかね。

C:寝る前に決める。

N:そういうことですね。ここに行くって決めて寝ればちゃんと…

C:起きてる時も。

最後にメッセージ

C:面白くできればいい。つまんないことをしない。無理をせず。

おわり

 

いかがでしたか?
ヘルメットを被せた存在については、

C:………私もだし、私だけじゃない。……知らなくていいって。

と、なかなか意味深な答えでしたね。UFOでの円卓会議のMさんのいう宇宙意識を保つ人を増やす動きの一環として、このヘルメットがかぶせられているのでしょうか?ドロレス・キャノンは地球へボランティアに来た人は、カルマをつけないための保護として鞘のようなものに入っていると述べていますが、このヘルメットも似たようなものなのでしょうか?ただ役割としては、「好きな(宇宙へ)ところ行ける」、つまり宇宙意識へ繋がったまま、宇宙の意識を保つためのもののようです。

 

6/21 夏至日食にピラミッドから恒星へ

オンラインの誘導探索のご案内です。月に1回神殿から恒星へ飛ぶ会をしています。今月は6月21日15時からです。ピラミッドを使い、そこから恒星へ飛んでもらいます。今回は夏至であり、日食です。このような時は切れ目ができているため、上位世界にアクセスしやすく、自分自身の意図することも打ち込みやすいと言われています。noteサークル宇宙世記憶の方は無料ですが、一般の方も受付ています。QHHTではないのですが、意識を開く練習になると思います。興味のある方はぜひどうぞ。

こちらのサークルは今月末までになります。

note.com

一般のお申込みはこちらから。
6月21日夏至探索お申込み

 

セッション再開のご案内について

コロナウィルス感染拡大防止のため、セッションをお休みしておりましたが、7月半ばをめどに再開しようと考えております。まずは3月4月にご予約を頂いていた方を優先してご案内したいと思いますので、お問い合わせをたくさんいただいておりますが、新規の方のご予約はもうしばらくお待ちください。ここ数日で決めたいと思っております。

Naoko