大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

月にある図書館①

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

今回の方は、図書館のお話になります。宇宙にはあらゆる種類の図書館が存在しており、アカシック・レコードなど様々なデータが保存されていると言われています。

さて、この図書館は月にあるのですが、一体何が保管されているのでしょうか?

 

N:どのような場所ですか?

M:海の中。海じゃないかもしれない。

N:何が見えますか?

M:なんか・・・光。水面みたいな。水面を見上げてます。

N:水面を見上げてるんですね。

 どんな色の水ですか?

M:透明度が高くて、でも水面近くはすごく青い。

N:へぇ~、そうなんですね。いいですね。

 その水面の波なんかはあるんでしょうか?

M:そうですね。そんなに激しくないんですけど、結構その光の波みたいのがゆらゆらしてるので、少し・・・

 波?波は起きてないけど、ゆらゆらしてる?ぐらい。

N:どうですか?それを見てるとどんな気分ですか?

M:すごく落ち着く。

N:ほかには何が見えますか?

M:ほかに・・・そうですね。右の方に・・・岩・・・

N:岩?

M:うーん、黒い岩があって、ちらほら・・・なんか、なんだろう。

 なんか生えてますね。

N:何が生えてますか?

M:なんだろう・・・うーん、石?透明な・・・石が生えて

 石っていうか水晶みたいのが生えてますね。

N:水晶が生えてるんですね。面白いですね。たくさんですか?

M:まばらに・・・点々って感じで。

N:他はどうですか?なにか見えていますか?

M:すごく広いっていうのはわかるんですけど、特になにもないですね。

N:水面の近くは青い?

M:はい。

N:あなたはそれをじっと見てる?

M:はい。沈んでるような気がします。

N:沈んでいる?

M:自分がその水面を見上げて、仰向けになってるのかな?水の中にいる。

N:その中にいる自分は、どういう形態なんですか?

M:枠があるんだけど、なんか透けて見えるから、腕がないように感じる。

N:その枠の形っていうのは、どんな形なんですか?

M:なんか普通に多分人間の形をしてるんだけど、指とかなくて、まるっとしてる・・・先端が。

N:形は人間の形だけど、手の指がないんですね?

M:はい。

N:足はどうなんですか?

M:足・・・足も同じですね。

N:じゃあ枠だけで、全体的に透明なんですね?

M:はい。

N:その体は男とか女とか、性別はあるんですか?

M:ないでしょうね、これは。どっちでもないかな。

N:どっちでもないんですね。面白いですね。

 それで仰向けになって寝ているんでしたっけ?

M:うん。

N:何をしているんですか?

M:ただ水面を見ている。(笑)

N:(笑)そうなんだ。ただ水面を見ているんですね?

M:その・・・なんかクラゲみたいな気持ち。

N:楽しいですね(笑)

 じゃあ、クラゲみたいに漂ってるんですか?

M:そうですね。結構流されてきましたね。(笑)

N:それは面白そうだ・・・

 どんなところに流されて来てますか?

M:なんか・・・だんだん浅瀬に流れているような・・・砂?砂の・・・砂丘みたいなのが底の方にあって、その・・・

もう、出なきゃいけないかな?

N:あら!何から出なきゃいけない?

M:水から。

N;水から?じゃあ出ますか。

M:出ます。

N:はい。(笑)

M:ていうか出させられる。(笑)

N:それは何に出させられたの?

M:波に押されて、打ち上げられましたね。

N:打ち上げられて、今どうなってるんですか?

M:めっちゃ体が重たく感じますね。

N:そっか、浮いてたから・・・今は体が重くなって・・・

M:はい。

N:どうですか?打ち上げられたら体の形っていうか、枠は相変わらず?

M:なんか・・・白くなって、手はそのままだけど、足は普通?

白いんですけど、普通の足。人間っぽい足になりました。

N:じゃあ、ちゃんと指があって・・・

M:そうですね。

N:でも、白いんですね?

M:そうですね。

N:白って、結構な白?

M:なんか半透明?透明度がなくなりました。

N:透明度がなくなって・・・

M:もう立てるようになった。立ってますね、今。

N:もう立っちゃった、すごい。立って何をしているんですか?

M:うーん・・・どこ行こうかなぁって、キョロキョロしてますね。(笑)

N:(笑)ちなみに周りはどんなものが見えてるんですか?

M:平らなんですけど、砂浜みたいになってて、でも特に木があるわけでもないし・・・

岩があるわけでもないし・・・でも遠くの方に山?みたいなものが見える。

N:その山の色って、どんな色なんですか?

M:なんでしょう・・・なんか遠くて、黒く見える。

N:そうなんですね。あとはじゃあ、砂浜?

M:そうですね。砂浜の上に立ってると。

N:なるほど。立ってる感触って、どんな感じでしょう?

M:ふわふわしてるような・・・沈んでくような感じ。

N:沈んで行くような感じ?なぜですか?

M:砂が粘土みたいに柔らかくて、足のかかとが沈んでく感じがします。

N:じゃあ、結構柔らかいんですね。どうしますか?

M:どうしよっかな・・・取り敢えず、山に向かって歩きます。

N:はい、じゃあ歩いてください。

M:なんか、山?じゃなくて、手前に階段があって、階段?石段みたいのがあるんですけど、その石段が丘みたいな?その山に続いてるのか。山に続いてる。

N:石段が。

M:そうですね。今それを登ってる。

N:その石段って、どんな石なんですか?

M:石っていうか、なんだろ・・・丘を削って石段にしてる。

N:はい、分かりました。じゃあそこを登ってるんですね?

M:はい。

N:どうですか?登ると・・・

M:なんか・・・ひんやりしますね。裸足なのかな?

N:裸足なんだ・・・結構その石段は冷たい感じ?

M:そうですね、うん。

M:なんか・・・上に来たんですけど、ダムみたいになってる?かなぁ・・・

 中央がぽっかり空いてて、結構そのぽっかり空いた穴が大きいんですよ。だから、頂上をぐるって・・・その

 穴のそばがすごい狭くて、なんか本当にダムみたいな、なってますね。

N:穴のそばが狭くて、穴はじゃあ、深い穴?

M:深いですね。なんかダムのとなりの、その、なんだろ。

歩けるスペースみたいな、なってる。

N:なるほど!そういうことですね。

M:この丘があの山なのかな?

 今、山に向かって歩いてると思ってたんですけど、なんかいつの間にか山に着いてて・・・その山が、その丘でした。(笑)

N:もう着いた。早いですね!いいですね~。

M:なんか、山がなくて・・・(笑)

N:その丘が山だったんですね~。いいですね。

 じゃあ、その穴が空いてるとこに居るんですね?

M:はい。

N:で、その穴は結構深い。

M:深いですね。

 深いけど、別に・・・繋がってるのかな?深すぎて、底が見えない・・・

N:見えない。大きいんですか?穴は。

M:すごく大きいです。なんか、ドーム?

 東京ドームみたいなああいうのをひっくり返して・・・

N:あぁ、それは大きいわ。

M:そうなんです。めちゃくちゃ大きい・・・

 ひっくり返して、それを穴にしたみたいな。

N:で、もう底も見えないと・・・

M:そうですね。真っ暗ですね。

N:すごい、真っ暗が・・・

 全体的には、どんな色なんですか?

M:黒い石で・・・石?かなぁ。なんか岩みたいな・・・

 その岩を削ったのかなぁ・・・

N:それはどっかに繋がってそうな・・・?

M:そうですね、多分。

 深いけど、きっと底に繋がってる・・・どっかに。

N:どっかに繋がってる、どうしますか?

M:うーん、飛び降りてみようと思います。

N:はい、じゃあやってみてください。(笑)

M:(笑)なんか・・・相当深いですね。

N:今どんな感じで、降りてるんですか

M:今普通に、ふわふわ下に・・・

N:飛んで?

M:飛び降りてるかな?

N:どんなものが見えてます?

M:いやぁ、まわり真っ黒ですね~。あぁ、深い・・・

N:深いですね。

M:何もないですね。あ、でも下の方に・・・ん?ん~、違うかな・・・

 なんか下の方に、マンホールみたいな・・・白いマンホールですね。

 白いマンホールがありますね。蓋?みたいな。蓋がある。

N:どんな?

M:あ、ちっちゃい。

N:ちっちゃい蓋?

M:直径1mぐらいかなぁ・・・

N:結構小さいですね。で、それはもう真っ白ですか?

M:真っ白ですね。なんだこりゃ。

N:なんだこりゃ。どうしますか?

M:(笑)なんかこの先、開くんですよ多分。マンホール。

行きたくないの。(笑)

N:行きたくないんだ?!(笑)なんで行きたくないんでしょう?

M:なんだろう?!なんか・・・いや多分、絶対ここ行ったことあるんだと思うんですよ。だから行きたくない。(笑)

N:行きたくないんだぁ。

M:行きたくないけど、でも・・・でも、まわり真っ黒なんですよ、何もないんですよ。行くしかない。(笑)

N:じゃあ行きましょう。(笑)

M:やだ~(笑)

N:やだと言いながら。(笑)何が嫌なんでしょう?

M:なんだろう・・・なんか・・・あぁ~って感じです。なんで嫌なんだろう?

 なんか・・・すごい今、めちゃくちゃドキドキしてるんですけど。

N:何かわかりそうな感じ?

M:でもここ絶対知ってるんですよ・・・

N:知ってるんだ・・・

M:そのマンホール開けると、廊下があって、マンホールは、その穴の底についてたから、開けると普通だったら多分、なんかの建物、天井にあると思うんですけど、けどそれ普通の扉だから、開けると、そのまますぐ、廊下が続いてるんですよ。

N:不思議ですね~。

M:だから嫌だ・・・(笑)だから嫌だっていうわけじゃないけど。ここ本当に嫌だなぁ。(笑)

N:何が嫌なんだろうねえ。(笑)でも、もう行くしかないと。

M:行くしかないな。(笑)

 あぁ~、嫌だなぁ・・・でも、そう、知ってる。ここ本当に知ってる。あーあ。なんていうか、病院の廊下みたいな感じですね。白い、なんか真っ白な。床も白いし、タイルみたいなので出来てるし・・・その病院のね、で、左右をなんだろうな、土?石膏みたいな感じの白い壁で、かまくらみたいな感じの、ああいう形・・・四角じゃなくて、ずっと続いてる・・・

N:ちょっとこう楕円ってこと?かまくらみたいな。

M:そうですね。そう、そうです。

N:そういう感じでずっと続いてる。

M:そうなんです。

N:じゃあ、それは楕円っていうのは上の方がってこと?

M:アーチ状になっていて。

M:(笑)めちゃくちゃのろのろ歩いてますけど、もう一個先の扉があるんですよぉ。

N:どんな扉ですかそれは?

M:えっと、鉄みたいな感じ。

 鉄じゃないかもしれないけど、鉄みたいな金属の扉かなぁ・・・すごい冷たい・・・

N:鉄の扉?

M:はい、そうです。

N:形はどんな形ですか?

M:それは四角です。

N:これは四角なんだ・・・

M:はぁ・・・・・・

N:なんかすごい、今、はぁ・・・って・・・(笑)気合入れてるっていうか。

M:(笑)もう~、なんか~・・・

N:鉄の扉は結構厚いんですか?

M:そうですね。多分、なんていうか。本当は誰も入れないんですよ。

入れないけど、みんながこの扉を知らないから。

N:あ、そうなんだ。

M:だから鍵はついてないんです。入っちゃいけないんだけど。

N:入っちゃいけないんだけど、鍵がついてなくて、

 それでも、みんな知らないから入れない。

M:そう。

N:でも、知ってるんですね?

M:そうなんですよ。なんで・・・

N:なんででしょう。(笑)

M:なんでここに居なきゃいけないんだって思ってます。(笑)

N:あ~!なんでここに居なきゃいけないんだって?

 なんで?居ちゃいけないの?

M:え~・・・なんだろ、居ちゃいけないからかな?

 居ちゃいけないからだと思う。本当は居たいんだけど、居たいんだけど、今は居ちゃいけないんだと思う。

N:そうなんだ。どうしますか?

M:はぁ・・・行かなきゃ。行かなきゃいけないって、言われてる気がします。

N:どこに?

M:誰だろう、自分に?

N:うん、どこに行かなきゃいけないの?

M:その扉の向こうに。

N:じゃあ、行きましょう?

M:(笑)中は・・・出ようかな、やっぱり・・・(笑)

N:どんな?

M:でもね、中は・・・なんて言ったらいいんだろう。赤い絨毯が敷いてあって・・・うわぁ・・・はぁ・・・・ドームになっているんですよ、ここは。地下にドームがあって・・・なんていうか一番中心みたいな部分?で。

なんか空?空じゃない。えっと・・・

天井に雲みたいなのがいっぱいあってて、ここは多分・・・ふふふ。

N:うん?

M:棚みたいみたいのがいっぱいありますね。

N:棚があるんだ。どこにあるんですか?

M:自分の左右に、平行にあって、4段くらい並んでます。

N:左右に。

M:4列か。

N:4列くらい棚が。

M:うん。

N:結構大きいんですよね。ドームみたいになってて、

M:そうです。

N:で空には雲が。

M:そうですね。空かもしれないけど、でも多分、本当の空じゃなくて。

 そういう照明みたいな。代わりをしてくれてるんだと思いますね。

N:なるほど、なるほど。赤い絨毯で、

M:赤い色だと思う。

N:棚はどんな色ですか?

M:棚は茶色の、でもそんなに焦げ茶とかじゃなくて、

薄い茶色なんですけど、木の本棚みたいな。

でも、前来た時と違うのは、前はそこにいっぱい本が並んでたんですけど、今一冊もないです。

N:前は本が並んでたんだ。

M:そうですね。本みたいなのがすごいみっちりあって、そのドームの中央の下に、なんだろう。

ガラスのテーブル?丸い円卓みたいなのがあるんですけど、そこまで本を持ってかなきゃいけなかったんですけどね、前は。でも今はないですね。やることない。

N:持っていかなきゃいけなかったって、何のために持っていかなきゃいけない?

M:その本を置くと、中身がどっかに転送される。内容が。

N:それをもしかしてやってたってことですか?転送する仕事?

M:多分してたのかも。してたんだと思います。だって知ってる。

N:そうですね、そうなんだ。

 じゃあ本を持ってって、その下のドームみたいな所のテーブル?

M:そうですね。

N:で、持っていくと、どっかに転送される。

M:うん。内容が、かなぁ。でも、転送しなくてもいい時があって、

そういう時は、テーブルは、椅子になったりします。

N:そんなじゃあ大きくないんですか?テーブルは。

M:テーブル自体はすごく大きいんですけど、自由に形が変わるんですよ。

N:形が変わるんだ、面白いですね。じゃあ今は椅子の形になってたりとか?

M:今テーブルの形になってますね。

N:テーブルの形なんですね。この、本がないっていうのは、もうその作業が終わったって事なんですか?

M:いや・・・なんかその転送するのは、中身だけだから

 本当は本はあるはずなんですけど、なんで無いんだろ・・・

 でも本が無い方がいいなぁ・・・

N:え、なんで?

M:さっきここに入りたくなかったのが、あの本が、あったから。

N:あ、そうなんだ!

M:今はなくてよかった。

 なくてよかったってわけじゃないです。本当はないといけないので、

 なんでないんだろうってすごい思ってます。

N:本当にねえ。なんでないんでしょうねぇ。

M:ない?ないんじゃなくて移動してるんだ、きっと。

N:移動してる?

M:なんかどっかに移動しちゃってる。

N:どこに、移動してる?

M:どこ行っちゃったんだろう?(笑)どこ行っちゃったんでしょうね?

 でも多分、本があると私はずっとここに居続けて、本を読み出すから無いんだと思います。きっと誰かが。

N:そうなんだ。

M:そういうことだと思います。多分あったら、ここから帰って来れなくなるんじゃないかなと思います。

N:なるほど。

M:帰らないっていうか、私が帰りたくないって。

N:なるほどね。前はじゃあ、ずっと本を読んでたんですか?

M:そうですね。

 つづく

 

セッションのご案内

予約日程が表示されるシステムをサイトに導入しました。そこで予約できる日程は基本的に大丈夫ですが、慣れないためいろいろ手間取っています。

www.alrescha17.com

 

みなさま本の購入、ありがとうございます!

宇宙世記憶

宇宙世記憶

  • 作者:Naoko
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2019/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)