大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

託されたメッセージ①

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

人に何かを伝えるというのは、簡単なことではないと思います。でも、何かに突き動かされて伝えたくなるという時、時空を超えた想いが作用しているのかもしれません。今回ご紹介するKさんは、一体何を伝えるように託されたのでしょうか?

ご覧ください。

N:何が見えますか?

K:水辺。

N:他には何がありますか?

K:茶色い石。どこかの途中、、。

N:もう少し見えてるものを詳しくお話しいただけますか?

K:何だろう、道。どこだろう、ここ。

水辺から移動して、

N:今はどこにいますか?

K:緑。なんか上から見てるんですけど、よくわからないんですけど。

N:上からというと、どのくらいの高さから見てますか?

K:緑の森。なんかその上を飛んでる。

N:他には何が見えてますか?

K:家のような。下に、、、どこかな、ここ?

N:まずはどんなにが見えてるか、教えてもらえますか?

K:はっきり見えない。

N:大丈夫です。自然と家も見ていたということでしたね。

K:上空から見てたけど、急に視点が変わって、地面にいたり、、何だろう。わからないですね。

N:視点が移動するんですか?

K:今は地面の上。

N:今は地面の上から何が見えていますか?どんな感じでしょう?

K:ちょっと歩いてみようかな。

N:どっちの方向に歩いてみますか?

K:まっすぐ前に。

N:まっすぐ前には何があるんですか?

K:なんか色がいっぱい。なんだろうな、たくさん色。色鮮やかな、何か模様の、建物にいろんな色。模様なんだけど、いろんな色で。あれは家なのかな。

N:形はどんな形ですか?

K:形がはっきりわからないけど、壁の色が輝いて光ってる色。きれいですね。

N:いろんな色の壁がある?それとも色が変化している?

K:色がね、虹色に光っているのかな。なんかきれいな。なんでそうなってんのかな。

N:それがどこにあるんですか?

K:目の前に見えてるけどね、色が重要なのかな。なんでしょうね。

N:その壁がいくつもあるのですか?

K:街のような、、でもここは都会ではなくて、島。自然がいっぱいあって、島なんですよ、の中の唯一にぎやかな町。みんな住んでるところだけど、色がね。色を大事にしてるのかな。人がいない。

N:壁は光ってる感じの色なんですね?

K:そう、なんか玉虫色のような。光で変化する色の壁。

N:人がいないみたいなんですね。町なんですね。

K:静かな町ですね。なんか平和なんですよ。みんな穏やかで。象徴なんです、それが。美しい町で。

N:それを見ているあなたは、何か履いていますか?

K:何だろう、何か履いてますけど。靴のようで靴じゃない。足があるのかな、私?足が見えないけど、足がない。漂ってるの?もしかして透明人間なの?意識だけで見てるの、ここ。どこかに来て、意識だけで、町をばーっと、あ、高い塀が見える。ずーっとずーっと高い塀が。なんだろうね、城壁?突然なんだろう。

N:それはなんでできてる?

K:石。2~3メートル。ずーっと壁になってますね。

N:何色の石ですか?

K:茶色、ベージュ?

なんでここが出てきたのかな。

N:急にそこにいっちゃった。さっきの町の虹色の壁とは違う場所なんですか?

K:そうですね、突然なんか壁が出てきた。それも消えちゃって、、あ、今ね、階段上って。石の階段上ってるんだよね。

N:何色の石ですか?

K:本当に茶色っぽい。花崗岩?エジプトのああいう石の階段を上ってる。

N:どこに行こうとしてる?

K:ああ、広い。なんか広いなあ。見渡して、広い。すごいはるか遠くまで見える。

N:どこを見渡してるんですか?

K:大地の上。山じゃないけど、高い場所に今度いて、見渡して。広々。

N:何が見えます?そこから。

K:お日様が沈んでいく様子が見える。感謝してます、とても。

N:何に感謝してますか?

K:太陽に。

N:なぜですか?

K:私たちに与えてくれて。恵みを。一方的に与えてくれてる。大地と一つなんだ。ああ、すごい平和だったんだな。

N:あなたは、この場所にはよく来るんですか?

K:いや、初めて来ましたね。でも感動して。お日様を見て。

N:それを見ているあなたはやはり体はないんですか?

K:いや、体はあります。

N:どんなですか?

K:茶色い服。茶色っぽい、、まるでネイティブ・インディアンのような。

N:男性ですか?女性ですか?

K:私は女性です。

N:他に身に付けているものはありますか?ネックレスとか?

K:腕に何か皮でできた装飾。

N:何か役割がありますか?

K:おしゃれなのかな。

N:付けているのはそれだけですか?首元とかは?

K:あ、石。ターコイズとか。やっぱり石の入った首輪とかしてますよ。

N:それはどんな意味があるんですか?

K:これはね、民族の象徴とかもあるのかな。この時代の。私たちの種族の。そうね、みんなそういう装いしてるから。

N:今そこにいるのはあなただけ?

K:何人か来て、見てるんですね、ここ。たぶん敵?もしかしてね。部族同士の争いとか。高い所で見て、襲ってこないように、見張ってる人も男の人でいて。私は違うけど。立ち上がって遠くを見てる人がいるよ。

N:高い所だからですね。あなたはどんな役割ですか?

K:私はついてきてるだけなのかな。女性だから。何か補佐的な役割なのかな。食べ物とか持ってきたりとか。補佐的な役割で一緒に来てるんだね。

N:一緒に来てることをどんなふうに感じてますか?

K:楽しいっていうか。お日様見えるから。高い所だからね。すごく気持ちいいの、ここはね。

N:いいですね。

K:高い所って好き。鳥のように高い所から俯瞰見るのが、とてもいい気持ですよ。

N:あなたはまだ若いんですか?

K:すごい若い女性。

N:健康ですか?

K:はい。

N:そこに来て、すごい楽しいなーって思ってるんですね。初めて来たって言ってたけど元々は別のとこに住んでる?

K:そうです。そこから降りて、麓の方にみんなが住んでる、村のような。

N:あなたの住んでるところに行ってもらっていいですか?何が見えますか?

K:石でできてるのかな。洞窟。原始的な感じの。普通の近代的な家じゃないですね。やっぱり自然に本当に大地と共に生きてるから。岩を使ったり、木を使ったりして作ってる家で。部族。

N:誰かと一緒に住んでるんですか?

K:そう。家族もね、いますよ。

N:部族がその辺りに住んでる感じなんですかね?

K:みんなあちこち近場に住んでて。平和。みんないい人なんです。愛があって。正しいルールをみんな守って。みんな愛があってね、平和なんですよ。

N:周りにいる人たちも同じような服装をしているんですか?

K:そうね、皮でできた服とか。身に付けてますよ、似たような。石の首飾りとか腕輪とかしてて。

N:そこがすごく平和というのはどうやってわかるんですか?

K:なんか感じるの。あたたかいコミュニティで、争いがないんですよ、みんな優しいから。

N:ネックレスがあなたの部族を表すと言いましたが、みんなそんな感じのをつけてる?

K:そうですね。

重要な出来事があった日

N:今何が見えますか?

K:なんかね。みんな集まって話してるの。

N:何を?

K:長老が、大事なことを話してるの。私たち部族は、結局白人に滅ぼされる、のではないけど。私たちは平和に暮らしてるけど、世界はこれから本当に大変な時期に入っていくんだよ、というようなことを皆に言ってるの。人の心は優しさを欠いて。本当に悲しいことだって。予言が降りたんですね。そういう未来の社会を危惧してる。そういうことを言ってる。それを代々伝えていかなきゃいけないから。伝えていくのにメッセージを何かに残さなきゃいけない。なんだろう、やっぱり石に彫ってメッセージを残した方がいいよね。

N:石に。

K:それで誰かが彫って残してるんだよって、言ってる。

N:それをみんなで聞いてるんですね?

K:そうなんです。

N:どんな気持ちで聞いてるんですか?

K:私としては実感は湧かないけど、未来がそんな風になるなんて。今が平和だからね。でも、そんな風になるんだって思ってんだけど。

N:他の人の様子はどんな感じですか?

K:みんなもなんか唖然としてるって言うか。へーって。そんな未来が来るんだって思ってるんだよね。

N:長老というのは、そういう予言を受けたりしてる?

K:そう。私のお父さんなんだ、この人。

N:長老の娘なんですね。

K:そうなんです。だから一緒にさっき行ってたんだね。

N:さっきの場所は、そういう意味のある場所だったんですか?

K:そうなんですかね。なんか儀式をしたり。母なる大地だよね。自然と一つだったのに。

N:お父さんが予言したんですね、それがなくなってしまうということ。その予言を石に彫りましょうという話になって。

K:みんなにメッセージが伝わるといいんだけど。みんな優しい気持ちで生きないとダメなんだよ。

N:それはだいぶ後にそういうことが起きるっていう事を予言してるわけですね?

K:そうです。

N:唖然としながら、みんな聞いていたのですね。

別の重要な出来事があった日

K:自分が亡くなって魂になっちゃったの。

N:どこを見ていますか?

K:亡くなっても魂でしばらくいて。そして家族にさよなら言ったんだよね。

N:そういう場所にいるんですね。ちょっとその少し前に戻っていただいて、何が起こって最期を迎えたのかをちょっと見て頂きたいんですけど。どんなものが見えますか?

K:自分はやっぱり病気なのかな。寝てて亡くなってるの。病気して寝てて。

N:寝てる場所というのはさっきの洞窟のような?

K:そうだね。皮がひいてあって。横たわってて。自然に病気で死んじゃったんだな。

N:まだ若かったんですか?

K:そうまだね。そんなに年寄りじゃない。30代。

N:死ぬ時には、周りにどなたかいましたか?

K:集まってたよ。何人も。亡くなるとね、みんな集まってくるの。部族の人みんなが集まって、みんなが悲しむけど、でもみんなが、魂が天国に行けるように、鳥になるんだ、要は。鳥になって飛んでいけるようにみんなが祈るの。無事に飛んでいけるように。

N:みんなが集まってきて、その祈りを聞けるんですね。

K:そうなんだね。だから安らかな気持ちで、みんな死んでいくんだよ。

N:鳥なって飛んでいけるのを、みんな知ってて、祈って、それをサポートしてるんですね。

K:そうです。

N:そうやって、祈ってもらってると、どんな感じなんですか?

K:安らかに人生を終えていくんだろうなと思うけど。部族だからね。体験は結局少ないよね。だって生まれた時から部族にいて、そこから出ない。その小さな世界にいて、他を見ることがないから。コミュニケーションは仲が良くて。それが世界の全てだしね。

N:どうですかね?この人生を振り返った時に、その時の人生での学びは何だったんですか?

K:やっぱり、そこの小さな世界にしかいないから、この次はいろんなこと体験するために、また生まれ変わろうって、思ってる。でも、愛情とか優しさとか仲間の大事さとか、コミュニティの温かさとか、いろんなことを体験できた。

N:その人生には、そういう意味があったんですね。

 

 つづく→

 

レベル2プラクティショナーNaokoのQHHTセッションご案内*

3月東京日程(3/5 現在)

3月3日(日)予約済19日予約済22日(金)予約済

20日(水)、24日(日)

4月からの予定は今のところまだ未定ですが、東京では土日を中心に受け付けるつもりです。

 

*日程は随時変更になることがあります。

*スタート時間は10時~13時の間、基本的にお好きな時間を選べます(セッションは全部で4~6時間かかります)。

*福岡の日程につきましては、お問い合わせください。

*返信メールが迷惑メールフォルダに入っているとご連絡がありました。数日経っても返信がない場合は、ご確認ください。

  

ご予約&お問い合わせはこちらのHPから

www.alrescha17.com