大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

未来のパートナーと会う①

こんにちは!

QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

 

QHHTの効果というか面白さは、時間が経たなければ、わからないものだと思います。体の変化もそうですけども、QHHTでサブコンシャスが〇〇があります、と未来について語ったことが現実化したのを確認するには時間がかかるわけです。

ラクティショナーになってから1年半くらいですが、ようやくそういう報告を頂くようになってきました。

 

先日、8ケ月前に受けられたMさんから連絡があり、急に結婚することになった、と。当時はパートナー募集中ということだったのですが、セッションの中でそれらしき人を見ていたのを私はぼんやり覚えていました。

それで、「セッションの中でそういう方を見ておられましたよね?」というと、「そうでしたか?!」というお返事(ご本人は覚えていない様子)。そして「とにかくQHHT後にいろんなことが激変しました」、と。

録音を聞き返してみると、ちゃんと会っておられました!

 

海の中を見ていた後に、海の上を走ったりしていました。その後に丘の上にあがります。そして家の中に入ります。

M:部屋の中に男の人がいます。誰かな。知らないけど、知ってる感じ。キッチンに立ってる。

N:どんな感じの人?

M:背中で(しかみえない)。髪の毛短髪で。カッコいい。料理を作っている

N:その料理は誰のために作っているのですか?

M:私。私が今にでも抱きつこうとしている。顔はわかんない。

N:抱きつくのは、どうですか?気持ちいい?悪い?

M:いい。

N:じゃあ抱きついてみて。

M:優しい。ニコニコしてる。顔は見えないけど。

N:その人があなたに伝えたいことがあるとしたら、どんなこと?

M:おかえり?ただいまって言ったか。待っててねって。ご飯作るから。

 こんな感じで会っておられたのです!

 

QHHTのトランス状態には前半と後半があります。前半ではサブコンシャスがその人をその時に行くべき場所に連れていきます。後半は、持ってきていただいた質問をもとにサブコンシャスとの会話してもらいます(プラクティショナーが代わりに質問します)。

 

サブコンシャスとの会話は、こうでした。 

N:顔はよく見えないけど、パートナーらしき人といるという場面を見せたのですが、これはなぜみせたのですか?

M:かわいくしてなさいって。あと、もう必ず来るから。素直にかわいくしてなさいって。

M:あと、自分がいいなと思う人は、品がよくて、優しくて、あったかい人だから。それに対しても、かっこつけるとかでなく、かわいくしてなさい。

N:それが出会うために大事なんですかね?

M:嬉しければ、嬉しいっていって。寂しければ、寂しいっていって。会いたければ、会いたいていって。好きだったら、好きっていって。全面に出してく。

どうですか。素敵じゃないですか!

 

私がQHHTのプラクティショナーとして、楽しみにしているのは、特に前半部分です(後半にも面白い答えがでたりして、それも楽しみです。結局全部…笑)。なぜなら、どこへいくのか始めてみるまでわからないからです。これは受ける方のサブコンシャスがすべて決めているからです。そして、ふだんの顕在意識が望んでも行けないものです。ちょっとがっかりさせてしまうかもしれませんが、未来のパートナーを見たい!と思っても見えるものでもないのですね。私たちプラクティショナーは一切誘導しません。ただついていくだけです。

 

ですので、この方のように未来に行ったり、もちろん過去世に行ったり、遠く宇宙に行ったりと、なんでもありなのです。時間と空間を超えるものだからです。しかし、こんな形で近未来を見ていたというのは初めてのことでした。ご連絡いただいて初めて近未来であることがわかりました。

 

QHHTはいろんな可能性を秘めています。実はもう一人、未来のパートナーらしき人にであったご報告を頂きました。それについては、また改めて書きますね。

 

東京QHHT日程:

9月30日(日)予約済

10月20日(土)、21日(日)、22日(月)

*スタート時間は10時~13時の間、お好きな時間を選べます(セッションは全部で4~6時間かかります)。

 

 *福岡の日程につきましてはお問い合わせください。

11月はハワイ研修(通訳)のため、不在が多く、25日と26日のみになりそうです。

 

ご予約&お問い合わせはこちらのHPから

www.alrescha17.com