大いなるものとつながって

QHHT®(クオンタム・ヒーリング・ヒプノシス・テクニック)セッション記録

地球解放…塔の破壊③

f:id:qhht:20200717233949p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

これは前2回の続きになります。

qhht.hatenablog.com

qhht.hatenablog.com

 前回地下の黒い塔を破壊したことで、「いろんな色」のある「綺麗な」世界に変わりました。そこにいた黒く分類されていた人たちは、元々色を持っていたのに、「真っ黒に塗りつぶ」され、「閉じ込められていた」んです。この塔の破壊、そして解放こそが、地球の解放と呼応するのです。下なるものは上なるもののごとく、上なるものは下なるもののごとし」なのです。

NI:だからまぁ、ここも多分、良くなりますよ。解放は起こってるんで。
N:解放は起こってますか? 
NI:起こってます、もう。だから宇宙が生まれたので。
N:もう既に起きてるから、ということは、それはここでも起きる。地球でも起きるって事ですよね。
NI:そうです、そうです。起きますね。大丈夫ですね、はい。

 塔の破壊そして、解放が起きたものの、まだ課題がありました。

NI:人類というシステムと、白い人たちの恐怖政治というのがちょうどピッタリ合っちゃって、必要以上に浸透してしまった感が、ありますね。

NI:人類のねぇ、恒常性を保つじゃないけど、生き残りたい欲が強過ぎる? ちょっと、自分に固執しすぎてて、それでこう、なんて言うんだろうなぁ・・・もうなんか、悪いところに、転がり込んでますね。

地球解放…塔の破壊② - 大いなるものとつながって

 さて、この課題にどのように取り組んでいけるのでしょうか?
サブコンシャスとの会話から続きをご覧ください。

サブコンシャスとの会話

なぜ、先ほどの人生を見せたのか?

NI:必要だから。

N:必要?何のために必要なんでしょうか?

NI:そう・・・見せるために?

N:うん、何を見せる?

NI:絵を。

N:なんの絵でしょう?

NI:全体の絵ですね。

N:全体の絵というと、どういう意味ですか?

NI:この星は本当は、とても美しいんです。だけど、だけど・・・

N:本当に美しいけど?

NI:だけど・・・うーん、そう信じてない人間が、たくさんいますね。

N:なるほど。

NI:それが我々としては悲しい。

N:うん、あなたがたとしては悲しい。本当は美しい星なんだということを、見せたかった?

NI:そう、ですね・・・

N:何かこう、先ほどの話の中では、閉じ込められてるが故に、気付いてないみたいな、本当はいろんな色があるのに、っていう、上のものと共鳴する話をされてましたけど、そういう事なんですか?

NI:閉じ込められると、本当に狭められるので、なんかもう、忘れちゃうんですよね。自分が、誰だったかも、どれだけ、すごい存在かも。だから本当はそんな閉じ込められても、誰でも、解放できるんですよ。こんなものは幻想だと、振りほどいてしまえばいいので、うーん、但しなぁ、それが・・・

N:こんなものは幻想だと?

NI:そうですね、全部。皆さんは、霊なので、肉体というのはただの飾り?というか。まぁ、ハハ、捨てればいいじゃないけど、(笑)

N:うん。(笑)

NI:でもまぁ、捨てたくないんですよね、人間になってしまったら。それが全てになってしまうので、自分が霊だったというのを忘れるので、どうしてもそれが消えたら自分がなくなると思って、固執するんですよね。

N:うん、うん、なるほど。

NI:そういう・・・恐怖かな?恐怖による考え方の矮小化じゃないけど、狭められ方が非常に良くないんですよね。でまぁ、人間というものは知恵を与えられているので、理解ができるんですよ。本当はその、体はただの殻で、自分たちは永遠の存在だと、理解できるんですよ。だけどそれを、わかってない。わかってないなぁ・・・どうすればいいんだろうなぁ・・・(笑)はぁ、困ったな。(笑)

N: (笑)NIさんにそれを見せる?全体を見せるっていうことだったんですよね?

NI:あぁ、そうですね。一応あの、あの人は肉体があるので、まぁ道具として使えるので、うーん・・・そう。我々はちょっと、遠すぎて身体が無いので、ちょっと・・・そうですねえ・・・うーん・・・まぁ、それで降りてくるために造ったのがアレなので。

N:じゃあ、NIさんはやるべきことがあるみたいな?

NI:うーん、あるけど、やっぱちょっとこのシステムはやりづらいなぁ・・・端末としてはねぇ、よく動いてると思いますよ?でも、ただねぇ、この世界において人間というのが、矮小化されすぎてるなぁ・・・人間はもっと本当はすごいんだけど、誰もそれを信じてくれないから、・・・あの人が何をしてもまぁ、ちょっと無駄感ありますね。

N:そうなんですか?

NI:うーん、ま、無駄ではない。正確に言うと全くの無駄ではないけど、非常に非効率的ですね。

N:まぁ今まではね、そんな感じだったみたいですけど、どんなことをすると、これからもっと効率的に、NIさんが活躍する?

NI:そうだなぁ、どうすればいいんだろうなぁ・・・

生まれてきた目的

N:生まれてきた目的っていうのは、人間が大きいというようなことを伝えることですか?

NI:そうですね。人間が本当は偉大だというのを知らしめたかったですね。

N:なるほど。

NI:で、そして人間の世界での宗教というのが、人間をひたすら貶めるので、神の子だとか・・・奴隷みたいに扱いますよね~。本当に酷い!(笑)

N:本当ですね。

NI:ないですね~。だって神が、地上で自由に行動したくて造ったのが人間でしょ?みたいな。リモコン?コントローラー?だからまぁ・・・なんだろ、アバター?中の人は自分たち本人のくせに、神本人のくせに、なんでそのアバターに入った瞬間に・・・(笑)

N: (笑)たしかに~!確かにね。(笑)

NI:そうそうそう・・・頭おかしいんじゃないの?じゃないけど。(笑)まぁ、誰かが見つけたんでしょうね。アバターに入った神は、簡単に支配できると。

N:なるほどね~。

NI:そういう悪いことを考える奴がいけないんですよ。(笑)なんでこんなにそいつが繁栄してんだろうなぁ!おかしい!(笑)おかしい、おかしい・・・あぁ・・・なにコレ?どうすればいいの。(笑)

N:でも、今言われたことを知らない人もいますよね。知ってる人もいるんだろうけど、薄々感づいてる人もいるかもしれないし、でも、知らない人の方が多いじゃないですか。

NI:そうですね、まぁ、可哀想ですよね。酷いよぉ・・・(笑)

N:そしたら、どうしたらいいんでしょうね?NIさんはここに来て、やることって、何なんでしょう?

NI:うーん・・・ま、人間が素晴らしいと、言って、頂ければ。

N:ああ、なるほど。

NI:そうですね。そうですね!内側から、うまくできるかもしれない。あ、行けるかもしれない。(笑)

N:行けるかもしれない?(笑)どんなふうに?!

NI:そうですねぇ!あのまぁ、体を使ってこう・・・人に何?喜びの世界があるよというのを、教えてほしいですね。

N:なるほど。

NI:肉体がなければ関与はできないので、

N:そうですよね、できないですよね。

NI:そうなんですよね~。別に手段はなんでもいいので、触れ合う人全てに、あなたたちは素晴らしいんだよ、と。

N:手段というのは別に、なんでもいいんですか?

NI:なんでもいいですね。でも、ちょっとネットヤバいですね。

N:ネットはヤバい?

NI:ネットはヤバいです。ネットは悪意がヤバいですね。その支配体系?傘下にあるのかな?ヤバいなぁ・・・(笑)なんか、ネットっていうのは電子領域だから、関与しやすいんですよ。で、悪意の方が伝える力が強いから、恐怖によってるから、必死なんですよね。だから蔓延しやすい。

N:じゃあ、どうしたらいいんですかね?

NI:あぁ、もう肉体という強い器があるので、それを使ってこう、波動じゃないけど、振動?そういう周波数じゃないけど、発していればいいだけかな。

N:じゃあ、ここにいて、そういうのを発していれば?

NI:そうですね、特に・・・うーん、仕事とかだってもうここ全部がね、支配されてるからね。(笑)

N:そうですよね、やっぱ、さっきも言ったみたいにお金が絡むと、結局は、もう所有されちゃうみたいな。

NI:だから存在としてそこに在って、人間は、本当は幸せっていうか、すごい存在だから、居るだけで本来は幸せなんだよって。誰のせいとかじゃなくて、もう人間は素晴らしいから、あなたたちによって素晴らしいと。神とか要らないですね。(笑)だって人間が神自身だもん。なんか、この世界で唯一神みたいに語って、「自分は神だ!」とか言って人を支配したがる人いますけど、それはもう悪意と同じですね。あれダメです!(笑)あれはダメだよ・・・あれダメだよ、ああいうのダメだよ、もう!あの、なんか、偉い人ヅラしてそういうのダメだよ。(笑)まったく~、本当にもう・・・あれ、どういう国の人なんだろうな?わかんないなぁ。

N:本当に、ねぇ・・・人間が、もともとは神っていうのは、どういう意味なんですか?

NI:あぁ、まぁ、人間が・・・人間というのは結局ソースから造られている存在なので、ソース自体が神なので。で、ソースの中には、最初は特に個人とか自我とかはないんですけど、それがちょっと分岐していって、それぞれ神が生まれて、みたいな感じで。で、その神たちが自我を持ったので、それに相応する?仕切りが欲しいと言い出して、

N:あぁ、なるほど。

NI:そうなんですよね。でまぁ、層、レイヤーがいろいろあるんですけど、究極的に狭め・・・セパレートされたのが人間?で、これがうまく機能したら、本当に素晴らしいですよ、ふふ。神様ですからね、みんな一人ひとりが。

N:そしたら、低い次元という言い方も変だけど、ここも、上も全部、意識が繋がればそれはすごいことですよね。

NI:そう、そうなんです、そうなんです。あの、低い次元、高い次元ってあるんですけど、別にどっちが上とかじゃなくて、ただ単純にその・・・

N:まぁ、物質的かどうか、というとこですよね?

NI:そうです!その、特徴を、いかにこう、自分は誰なんだと、色を発したい者たちが低次元なんですよね。

N:なるほど。

NI:そうそう、だから、彼らがいないとはっきり言って何の色もないんです。なーんもない。で、まぁ彼らがもし消えたとして、でも結局神たちっていうのはもう自我を持っているので、自分はこうだぞ、と表現したがるんですよ。だから、結局また類似の存在を造るでしょうね。

N:なるほどね~。

NI:でしかもまぁ、特に人間というシステムは、綺麗なので・・・うーん、これを・・・わざわざまた造り直す必要はないでしょう。(笑)

N: (笑)また造るのも結構手間なんですか?

NI:うーん、それに、人間ほどの発明品が出来るとちょっと思えないですね。

N:発明品!?(笑)じゃあ結構いい発明品なんです?

NI:そう!素晴らしいですよ、人類というのは!本当に~・・・もう、みなさん信じてくれないですけど~・・・(笑)

N: (笑)どういう点で素晴らしいんですか?

NI:そうですね!まず、なんでもできるんですよ、その、思考力によって?!で、思考力というのは、神が持っていたものなので、それを転写できる存在っていうか、システムっていうか、器っていうのは、まぁ、難しいんですよ。難しすぎてその、思考システムっていうのが、繊細というか、それをこう物質に落とすっていうのが、難しいんですよ。だから、脳みそっていうのは要するに、受信機みたいな?あっちと繋がってますね、完全に。

N:なるほど。

NI:リンクしてるので、それを体現できるんですよ、肉体で。すごい、すごいですよね!(笑)

N:すごい、すごいそれって!

NI:素晴らしいんですよ、本当に~!

N:そうなんだ~。

NI:人間が人間嫌いとか言ってるけど、もうあなたたち何をどういう意味で言ってるのかわかってるの!?みたいな!(笑)

N: (笑)そんなすごいのに、みたいな?

NI:本当に!!もうそんなこと言うならねえ、あの人間の肉体もう返して!みたいな!(大爆笑)

N:そんなに?!

NI:そんな嫌うなら、もっとね、人間になりたいって人いるから、その人にあげるから、もう返して!?(笑)

N: (笑)すごいんですね?!

NI:本当にすごいですよ~・・・人間?はぁぁ、なんもわかってないな!脳みそ繋がってるくせにそういう怠惰はダメですよ。(笑)

N:たしかにね~!繋がってんだ!

NI:まったく、もう物質に固執するからそういうバカな思考になるんですね~・・・もう酷い!

N:じゃあそこを、意識を向ければ、繋がりやすいみたいな?

NI:そう!そうですね!てかまぁ本来誰でも繋がっているんですけど、肉体っていうのはやっぱり、うーんと、なんだろうなぁ、これは。固い?重い?重くない!重くないけど固いんで。

N:固い。

NI:そう、あの、我々霊体のような自由さがないので、やっぱり恐れるんですよね。自分が崩れ去るかもしれないということを。

N:はい!なるほど。

NI:だから、崩れたくない!って思いが強すぎて、ちょっとね・・・なんか、もうちょっとどうにかできないかな、このシステム。(笑)

N:うん、本当ですね、たしかに。

NI:ですね~。もうちょっとこう、地上をね、霊的なもので満たせば、人間のそういうアレは、消えるんじゃないかなー?怖いー、みたいな。

N:なるほどー、確かに、確かに。

NI:浸透圧じゃないけど、満たしてあげれば、どうにかできるですね。

N:確かにねー。それはじゃあ、どうしたらいいんですか?霊的なもので満たすっていうのは。

NI:でもそれはサポート来てますね、いっぱい。

N:あ、来てるんだ。

NI:うん、もう既にそういうプログラムっていうか、計画があって、だいぶ満たされてる?年代によって来る人が違うっていうのは、まさに、

N:やっぱりそうなんだ。

NI:それだったんです。

N:どんどん送られてきてて、

NI:そうそうそう・・・それで肉体からも満たして、我々の次元からも送って、みたいな。

N:ふーん、そっか。

NI:太陽の光とかは我々です。

N:そうなんですねぇ。

NI:そうなんです。最近晴れること多いけど、まぁ頑張りますね。頑張らないといけないから。(笑)

N:なんかすごい綺麗な虹みたいのをつくったりもするじゃないですか。ああいうのもそうなんですかね?

NI:あ~・・・それもそうだと思いますね。虹作ったのは別のグループかもしれないけど、

N:そうなんだ。でもあの現象とかも関係が・・・

NI:そうですね。みんな、みんなねー、地球のこと好きでいて、くれてるかなぁ・・・懐疑的な人たちいるけどね。

N:懐疑的?というと?

NI:なんか、地球~?何それ美味しいの?じゃないけど!(笑)

N: (笑)そういうグループもあるんだ?!

NI:ありますねぇ!彼らは芸術をわかってないので、まぁほっとけばいいと思います。(笑)

N: (笑)なるほど。

NI:無骨ですねぇ、彼らはねぇ!繊細さと色の良さをわかってないな。

N:あー・・・なるほどねぇ。

NI:品が無い!(大笑)消しとけばいいんじゃない?とか言う人いますけど、まぁ我々が阻止しますよ、そんなのはね、うん。

N:じゃあそうやって、外からもサポート来て、中の人たちも変われば、固い、固定化概念というか、そういうのもちょっとずつ、今変わってきてるってとこなんですね。

NI:そうですね、そうですね。なんか見かけ上はヤバいように見えますけど、それはねぇ・・・まぁ、最期のあがきでしょうね。(笑)

N: (笑)

NI:うん、うん、うん!彼らはねぇ、うん、消えますね!

N:いい方向に向かってるんですね、じゃあね。

NI:そうそうそう、大丈夫です。(笑)

N:ありがとうございます、はい。(笑)

NI: (大笑)

どういう霊団と関わっているのか?

N今話してくれてるサブコンシャスは、NIさんはどういう霊団と関わってるかっていうのを知りたいんですけど、何か、お名前とかあるんですか?

NI:うーん、名前・・・名前とか意識したことないんですよね。(笑)

N:そりゃそうですよね!そちらではねぇ。何か地球から呼ばれてる名前とかはあるんですか?

NI:あ~・・・ない・・・なんだろうなぁ、なんかもう白い概念としか認識されてないので、

N:あー・・・なるほど・・・

NI:うーん、名前ないのかなぁ。

N:名前はない・・・白い概念って感じ?

NI:そうですね。で、しかも名前を持つと、名前というのは固まったエネルギーなので、神として崇拝するじゃないですか。あぁ、もうソレだめだめだめ!(大笑)

N:はい、なるほどね~!

NI:まぁリンクしやすいけど、うーん・・・!支配されやすいので、そういう概念に?

N:概念にねぇ、そっかぁ。

NI:そう!人間、人間じゃ・・・その、恐怖に囚われた人間はそれを悪用するので、

N:じゃあ敢えて名前は・・・

NI:そうですね。名前は名乗らないでおきましょうか。

N:名乗らないでおきますか。

NI:というか、定めないでおきます。(笑)

N:定めないでおきますか。ただ白っていうと、ホワイトブラザーフッドっていうのがありますけど、どうなんですか?

NI:あぁ・・・あれなんなんだろうなぁ。我々はなんか・・・もうイレギュラー的存在なので、

N:あ、イレギュラーなんだ。

NI:そう、どこからもなんかもう、イヤだよ、みたいな。(笑)

N: (大笑)

NI:枠なんか要らないよ!みたいな!?逃げてきた存在なので、多分ね、地球で認識されてないですね。

N:なるほど、なるほど!面白いですね~!

NI: (笑)

N:わりとフリーランス的な?!(笑)

NI:そうですね、そうですねぇ!もうなんか、そういう組織を作って、人間に崇拝されて?それがよりマイナスな、影響を与えていくのを見てたので、ふざけんな!と思って、(大笑)

N:たしかに~!敢えてもう名乗らずに、

NI:そうそうそう・・・まぁ、無名の集団?虚無の塊じゃないけど。(笑)

N:虚無の塊!でも一応、白っぽいくらいは、教えてくれてるんですね?

NI:そうですね。白という現象を通じて、繋がれるようにはしてあります。

N:なるほど、なるほど。ありがとうございます。じゃあ敢えて名前はないと。名乗らないと。

NI: (大笑)名前はないと。うん、うん!

N:じゃあ、その、最後に聞こうと思ってたんですけど、NIさんがサブコンシャスとコンタクトしたい時には、呼び名っていうのとかは、それはない方がいいですか?

NI:あぁ・・・そうですね。ま、イメージすればいいですよ、白いものを。

N:イメージする?白いものを。

NI:あの騎士団長(NIさんの所有する人形の仮名)とかね、結構ヘルプしてくれますね。

N:あ!そう、騎士団長についても知りたいんですけど、この騎士団長っていうのはどういう方なんですか?役割というか。

NI:うーん、我々のアイコン?

N:アイコンなんだ!

NI:うんうんうん・・・偶像崇拝とか良くないんで、でも、頑張ってるんで、ちょっとかわいそうだから送ってあげました。(笑)

N:あ~、そうだったんですね。送ってくださったんですね。ありがとうございます。

NI:そうなんです。目が赤いのは、まぁそういう理由があるでしょうね。

N:そういう理由というと?

NI:あの、うーん・・・なんか、良くないと分かっていても、なんだろう、やっぱりその人間っていうのは、一人で頑張ってるのに報われない存在だから、あぁ、それじゃあんまりだ、と思って、だから、送りました。うふふ。

N:そうなんだ。それで目が赤い。ちょっと泣いてる感じなんですね。

NI:そうですね。悲しい。我々の悲しさが入ってますね。なんか、悲しいっていうかもどかしい。

N:もどかしい。そうですねぇ。

NI:どうすればいいんだろう?みたいな。もうどうしようもない。触れられないから、やっぱりね。

N:そちらとしてはなんとかヘルプしたいけど、触れられないから、なるほどね。

NI:そう!もう、どうしようもないですね。

N:で代わりにこの、騎士団長を送ってくれたんですね~。

NI:そうですね。

N:騎士団長っていうのは、お名前は、あるんですか?名前をつけたいそうな。

NI:うーん、何がいいかな?何がいいんだろうなぁ・・・うーん・・・パッと思いつかないんですけど。(笑)なにしろ名前というのを持たずにやってきたので、

N:そうですよねぇ。ない方がいいですか?

NI:でもなんか名前、あげたいなぁ。あげたいなぁ・・・

N:じゃあ名前、あげて・・・

NI:あげたいんだけど、うーん・・・なんでこんなに、バカなんだろうなぁ!(笑)

N: (笑)いやー、バカだということではない・・・

NI:うーん・・・なんか・・・うーん、ダメだなぁ・・・何がいいかなぁ、何がいいかなぁ。まぁ、シリウスが、なんか関係してる的なのあるから、シリウス的な名前がいいんじゃない?(笑)

N:シリウス的な名前を付けるようにと。シリウスはやっぱり何か関係があるんですか?

NI:シリウスはね、智慧の星でね・・・考えてたんですよね、その、肉体のシステムが出来た時の、エラー?どうすればいいんだろう、みたいな。

N:エラーがあったんだ。

NI:そう、その、やっぱり悪意とかによる支配、受けやすいから、そう、あ、これはちょっとエラーだ、みたいな。

N:そっか、それはエラーなんだ。

NI:そうそうそう、バグではないけどもエラーですね、完全に。素晴らしいものを造ったと思ったんですけど、降ろしてみたら、あ、これ悪意にだけなんでこんなにコンタクトされやすくなってるんだろう!みたいな。

N:たしかに~!

NI:こんなはずじゃなかったのに・・・じゃないけど。悪とかいうふうに表現すること自体がもうナンセンスなんですけど、ちょっと・・・

N:強いものに巻かれやすいみたいな感じですよね。

NI:そうそうそう、独占したい人たちがいるので、そういう人たちに支配させるとやっぱりこう、あーあ、多様性がなくなっちゃうなぁ・・・(笑)

N:あ、ですね。色がなくなりますよね~、本当に。

NI:そうそうそう・・・それもある意味、唯一神ってみんな言ってるけど、それはソースのことなんですけど。ソースがひとつだけ落ちてる世界ということでまぁ、ナスカの地上絵じゃないけど、ちっちゃいものを、大きく転写する?みたいな。大きいものを小さく転写した、それの体現には確かになるんですけど、それだとあまりにも・・・なにこれヒドい!(大笑)だってそんなことしたところで、壊し合うだけでしょ、みたいな。自分が絶対だと思う人たちが、衝突し合うだけなので、結局無に戻る?それで結局ソースに戻るから、

N:あ~、なるほどね~・・・

NI:これってつまんないじゃん!みたいな。進化じゃないよね、ソレ、みたいな。(笑)

N:あぁ、そっか。繰り返しだけの話になっちゃう。

NI:そう、退化?なんか輪廻じゃないけど、つまんない、石積みゲーム?(笑)

N:石積みゲームですよね。壊し合うんだったらねぇ。

NI:そうそうそう、無駄っていうか、無意味?(笑)面白くないんで、ちょっとそういうことをしたい存在からは人類を守りたいんですよね。

N:なるほどね~、そっかぁ。それで、それがシリウスなんですね。

NI:そうなんですよ。シリウスというのは、物事を建設的に考えたい?

N:うん、そうですよね。それとも、あなたがたは関係してるんですね?

NI:そうですね。アルクトゥルス的な・・・アルクトゥルスからシリウスにやってきました的な。

N:なるほどね。アルクトゥルスだってもともと形がないって言いますもんねぇ。

NI:そうなんですよ~。ちょっと関与しづらいので、シリウスの方がこう、霊体じゃないけど、

N:形態ありますもんね。

NI:そうそうそう・・・しやすいので。

N:じゃあ、もともとアルクトゥルスで、そこからシリウスに来て、ということなんですね。

NI:そうですね。なんでずっと白いの?(笑)

N: (笑)白いですよね。

NI:白いですね~。ホワイトブラザーフッドはそこら辺から、分散したんじゃないかな?

N:なるほど、分散しちゃったんですね。

NI:うんうんうん・・・メラヘム(アシュタール)さん、頑張ってますね。(笑)

N:頑張ってる?!(笑)

NI:メラへムさんのことはねぇ、なかなか好きですよ。あの人は、人間を愛してくれてる。

N:あ、そうなんだ~、そっか、そっか。

NI:うん、いい人!(笑)

N:メラヘムさんとはなんか縁があるんですか?どこかで知ってた?

NI:うーん・・・アルクトゥルスいたかな、一緒に。でまぁ降りてきて、ちょっと別れましたけど。

N:なるほどね。もともとはじゃあアルクトゥルスにいて、

NI:そうそう。あの、私たちは宇宙連合とか、そういう連合作るの嫌いなので、ま、自由に飛び回ってたいので、連合とか、ちょっとやめた方がいいんじゃないの?とか思いながら。だって結局連合だって、人間が働いてるとか言ってねぇ、大変な思いしてる人間がいるからねぇ。ちょっとどうにかしたら?って思うんですけどね。(笑)

N: (笑)そうですよねぇ。

NI:うん、うん・・・我々はね、ちょっとね、異端視されてますね。自由すぎてね。(笑)

N: (笑)わりとアウトサイダー的な、感じですよね。

NI:そうですね、そうですねぇ。うんうんうん・・・というのも、神というのはやっぱり、神?神っていうか、まぁ、ソースからやってきた人達は、ソースが一つだったってわかってるので、なんか自分が一人ソースだと思いがちなんですよね。

N:ほう、というと?

NI:というと、まぁ、自分が真ん中で、ほかはみんな分枝だ、みたいな。枝分かれしてる・・・自分がその大元だから、君たちは、それ以下の配下なんだぞ、みたいに、言いたがるので、ふざけんじゃねえよと思って、我々は飛び出してきたので、

N:なるほどね~。

NI:そう、その自分が「神だ」とか、言いたがるような奴に向かって、いやいやいや、みんな神だから、と言うのが、我々の、役割?

N:なるほどね~。で、NIさんにもちょっとそこを、やって欲しいんですよね。

NI:そうですね。やって欲しいというかまぁ、あれは我々の分身なので、まぁ、わかってますよ。別に人間世界とか、価値無いとか、わかってるんでね。(大笑)

N:そうみたいですね、それは。(笑)そういう意味ではよくやってると。

NI:よくやってますね。アレ、よく動きますね、本当にね。

N:本当にねぇ。でも今後も特に、何も、ねぇ、具体的に何をすればいいっていうことでもないんですね?

NI:あぁ、ないですね。ただ単純に人間が素晴らしいということを、周りの人間に伝えていけばいいので…

N:そちらとしてはもうちょっと、NIさんには長くいてほしい?せっかく降りてきたし。

NI:うーん・・・そうねぇ、このままやっても多分、あの人が苦痛を感じるやり方で居なくなるので、それはちょっとかわいそうだから、

N:それは確かにかわいそうですねぇ。

NI:うん、まぁ、平和に終えてもらいたいかな、みたいな。(笑)

N:平和に終えて、せっかくだったら伝えてほしいんですよね?一応使命っていうか。

NI:うんうんうん、人間は素晴らしい。人間は素晴らしい。でしかも、人間が素晴らしいと説く人いるんですけど、それはなんか自分が素晴らしいからみたいな方にまず、言うからぁ、論外だから~!

N:それは・・・違いますよねぇ。

NI:もう本当違うから、「私を崇めろ」みたいに言うので彼らは。あーあ・・・ああいうのは、ダメだよ。本当にダメだよ。(笑)

N: (笑)そういう視点じゃなく、もともとの大きな存在なんだという、そういう意味での人間の素晴らしさっていう。

NI:そうそうそうそう・・・そうなんですよ~。

N:ね、ちゃんと脳が宇宙に繋がってて、っていうね。

NI:そうそうそうそう・・・まぁ、アウトサイダー、我々の駒になってくれる人はあんまりいないので。うん。 本当多分少数派ですね~、我々は。まぁ寂しく思うのも無理はないんじゃないかな。

N:そうですよね~。

NI:だって、いないんだもん。(笑)……(中略)……だから・・・あ、結局その、どこの社会にも迎合されないから?だから、居場所がないと思って、くだらね!と思って多分死ぬんで。(笑)・・・だから、まぁ別にいつ帰ってきても我々はね、いいんだけどね。でもちょっと痛いとか苦しいのはね、まぁ些末だとわかっていても、肉体にとっては重い苦痛だというのはわかってるんで、それがなんの障害にもならないのは知っているけど、単純に経験としてつらい?

N:うん、確かに。

NI:うんうんうん・・・過ぎ去るものだとしても、そこは通過させたくないかなぁ。ちょっとね、駒として造り上げてね、そういう終わり方は我々としてもね、なんかこう、誇りがありますよね。人間を守ってきた存在として?自分の造った駒をそんな風に苦しめて終わらせる?あぁ、ひどいな。

N:うん、それはちょっとね、ひどいね。たしかに。なるほど。

NI:うんうんうん、一番弱い存在にしわ寄せをやらせてなんていうのはちょっと、我々からしても?うん、それはやりたくなので、決して。

N:なるほど、そうか。

NI:ちょっといじりました。(笑)

N:いじったんですね。でじゃあ、一応ヨリを戻したみたいな感じ?

NI:まぁ、そうですね。ちょっと我慢して、もらって・・・(笑)

N: (笑)まぁでも、ね、NIさんも、そもそもこの小さな自分じゃないっていうの、わかってるからね。

NI:うんうんうんうん・・・よくできてますよね~、どうしたんだろうなコレ。突然変異?(笑)

N: (笑)ねぇ、いい感じですよねぇ、本当にねぇ。

NI:うん、ああいう人間が増えればいいんだけどなぁ。

N:本当に。増えてほしいと思います。

NI:あのちょっと他のその、遣わす存在がポンコツなのかな?(笑)

N:ま、なんかやっぱりみんなこう、ドボボッてはまっちゃって忘れちゃうんですよね~。

NI:そうそうそう・・・結局なんかその、ソースから千切られた?自分が一番大事だっていうようなのがいっぱいなんで…あの、パン?パンの生地?練ったやつ?あのでっかいのから、ちょっとだけ千切られたのが我々で、その他大勢の神様は大体その大きいところから来てるので、その大きいところから来てる人はまぁ、自分が絶対大事だ!と思いがちなんですよ。だから「自分は絶対に死にたくない」と。             

N:なるほどね~。

NI:大体人間みんないて、死にたいっていう人いるけど、あれ大体みんな死にたくないんですよ。自分が幸せじゃないから、結局自分の幸福が欲しいけど、それが叶わないから、もう嫌だ!ってなって死にたいっつってるんで、ああやって死んでく人は結局自分のことしか考えてないんですよ。

N:うん、たしかに、たしかに。

NI:でもこの人の場合は死にたいというのは単純にシュミじゃないだからー、

N:シュミじゃない・・・(笑)

NI:そうそうそうそう、別に自分のこと考えてない。肉体なんかどうでもいいなんで、そういうホメオスタシス的な?恒常性?自分が生き残りたいみたいなのはまぁ無いですよね。すげぇな。(笑)

N:うん、ですね~。

NI:うん、人類にしてはよくやったな。(笑)

N:人間として生まれてきてるのにね、よくやってますね。

NI:そう、肉の器しかない癖になーに言っちゃってんの?まぁまぁまぁ・・・いいよぉ、そういうのいいよ!(笑)

N:でも、その分こう、ここにいることに意味がありますよね。そういう人がいると、やっぱりバイブレーションというか、多分、いるだけで違いますよね。

NI:そうですねぇ・・・うん、これ置いといた方がいいな。

N:置いといた方がいいですよ。本当。

NI:置いといた方がいいな。ちょっとね、辛いだろうけど、まぁそしたらあの、こっからこう、そばにいるよって働きかけるようにするので。

N:うん、よろしくお願いします多分そこもね、無いとね。前に一回、ありましたよね、多分。それって、あなた方なんですかね?

 つづく。

東京セッション再開の延期お知らせ

7月よりセッションを再開し、18日より東京でのセッションを行う予定にしておりましたが、昨日のコロナウィルス東京感染拡大から、再開時期を1ヶ月先に延期することに決めました(福岡では行います)。この先どうなるかなんとも言えませんが、最多数を更新しつつある今、移動自粛により、自分のみならず来られる方の感染リスクを減らしたいと考えました。皆様快く変更に応じてくださりました。8月はすべて満席となっております。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

 

地球解放…塔の破壊②

f:id:qhht:20200717233949p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

これは前回の続きになります。

qhht.hatenablog.com

 「閉じ込め」から「解放」に変化してきたセッションが2019年4月以降に増えてきたということで、この方のQHHT記録をご紹介していますが、前回は真っ白な世界と黒い世界があるというお話でした。その地下にある黒い塔が気になって降りてゆきました。この黒い塔は黒を閉じ込めるために白が作ったものだったのです。けれども、「黒には黒の魅力がある」のです。

NI:でもそれが黒の世界だと、それこそその星、夜空の星?いろんな星雲とかが色が付いてるみたいな、天の川みたいな、いろんな色が、生まれるから。

N:黒があることでいろんな色が生まれると?

NI:そうなんです。 白はみんな消しちゃうからね、ぶっちゃけ、ダメですね。……黒は本当はそんな閉じ込められているべき存在ではない。もっと広がったら、素晴らしいんだけど。

地球解放…塔の破壊① - 大いなるものとつながって

そして、NIさんはあることを行います。続きをご覧ください。

 

塔の破壊

NI:閉じ込められて苦しくて呻いているから?うーん・・・それがちょっとこう、つまらないことを生み出す原因になってる、つまらないと感じる原因?呻きしかないから、辛そうなだけで、どうにもできない。塔を破壊するしか・・・(笑)ちょっと塔を壊したいですね~。

N:あ、いいですよ。

NI:(笑)

N:(笑)好きなように。(笑)

NI:(爆笑)

N:私が言うのもアレですけど。ここはなんでも、思ったままに。(笑)

NI:あ~、塔壊せましたよ。

N:壊しました?!お~!

NI:いいカンジ。

N:いいカンジですか?

NI:さっき想像してた黒が広がった世界そのままになりましたね~。

N:どうなってるんですか?今は。

NI:いろんな色がありますね。なんか、もう物質とかじゃないな、もう。星の世界じゃないけど・・・地球から空を見たような。

N:なるほど~。

NI:それが、全球に広がってますね。球体?

N:球体なんだ。

NI:360°地上がないので。

N:そうなんだ、おもしろーい。わぁ・・・

NI:綺麗ですね。(笑)

N:綺麗ですね、確かにね、うん、いい、とっても。

NI:白はちょっと怒ってますね。白の世界・・・(笑)

N:あれ?怒ってる?なぜ?(笑)

NI:黒をこんなに広げるなよ、みたいな。(笑)

N: (笑)どうしますか、それ。どう対処します?

NI:うーん・・・無視でいいんじゃない?(爆笑)

N:(笑)

NI:もう白が黒のこと縛ることできないでしょ、これ。多分もう、縛れないと思いますよ。もう大丈夫ですよ。(笑)

N:もう大丈夫ですよね。(笑)

NI:そうですね~。ふふ。

N:白は、不満は不満なんですか?

NI:不満は抱いてますね。でも黒の勢力が相当多かったですね、実は閉じ込められてた。で、白は少数ですね、これ。

N:意外と少数だったんだ?!

NI:そう、それで、怖がってたのかな?白は。

N:なるほどね~。それで閉じ込めることをやってたんだ。

NI:そうですね。そういう恐怖からの支配はマジでナンセンスですね。

N:マジでナンセンスって言ってあげてください。(笑)

NI:(笑)あぁ、でもこっちの世界の方が綺麗だなぁ。

N:あぁ、よかったそれは~。どうです?白の人たちも納得しました?

NI:うーん、彼らは・・・もうなんか、永遠と納得しないかもしれない。(笑)

N:そうなんだ。

NI:でも、そうですね~。仲間は別に、なんとも思ってなさそうです。

N:あー、あなたの仲間は、なんとも思ってない。

NI:なんとも、思ってない。

N:じゃあ、もともとの白い仲間にも、別にそれでいいじゃん、みたいな(存在もいる)?

NI:いますね。いましたね。

N:あー、いるんだ。

NI:少ないですね。(笑)

N:(笑)少ないけどいるにはいる?

NI:いましたね~。ちょっと肩身狭い思いしてますね。(笑)

N: (笑)でも応援してる友達、仲間もいるんですね。

NI:そうですね、そうですね~。(笑)ちょっとね、白の威張ってる人達は本当に強いのでね、もう彼らはそのままでしょうがないですね、あれはもう。彼らは、そういう性質なんでもう、放っておくしかないと思います。・・・放っておくしかないかなぁ~。この人たちがちっちゃくね、どっか辺境に行ってもらえればもう、誰も被害がないんで。(笑)

N: (笑)逆にその人たちが、

NI:そうそう、そうそう・・・隔離されてしまえばね、

N:行ってくれそうですか、どっか?

NI:うーん、多分なんかもう黒になったから嫌だからって、自分からどっか行っちゃいますね。

N:あー!ちょうどよかったかもですね。(笑)

NI:ちょうどいいですね。(笑)あの白たちがずっといままでいろんな人を苦しめてたんだろうな。追い払えてよかったですよ。(笑)

N:そうですね~。結局、怖かったから閉じ込めて、そういうふうに苦しめちゃったみたいな?

NI:そうなんです。結局自分たちだけが楽?よければ?生きていればいいから、他はなんかみんな死んどけばいいんじゃないみたいな考えの人なんで、ま、そういう皆さんはちょっと宇宙に居場所はないですよね。(笑)

N:そうですよね~。宇宙ってね、本当にね~・・・お互いに認め合う方がより、いいですよね~。

NI:うんうんうん。そうなんですよもう~・・・仲間たちなんか黒の中でも白い、半透明になって、一緒にいますね。ちょっと喜んでますね。(笑)

N:あなたはどうですか?あなたも半透明?

NI:私身体あるかな?なんか、黒に溶けちゃってるかもしれない。

N:あー、なるほど!

NI:でもなろうと思えば半透明になれました。

N:へぇ~。じゃいろいろ、変えられるんですね。

NI:そうですね。なんにでもなれるような感じになりましたね。仲間も多分同じことできる。ふふふ。

N:もともと黒にいた人たちとかはどうなっているんですか?

NI:もともと黒にいた人達は多分、黒という分類では最初はなかったんです。いろんな色がありました。だけど、黒ってなんかこう、断罪?断罪じゃないけどこう、もうみんな真っ黒に塗り潰されましたね。本当酷いことをしますよね~。みんないろんな色あるのに・・・

N:元々はいろんな色あったのに、黒に塗り潰されてたんだ。

NI:そうなんです。

N:で、閉じ込められてた

NI:閉じ込められてた。

N:それはひどいですよね。

NI:もう本当に酷いですよ、もう怒ってますよ!(笑)

N:そっか。塔壊してよかったねぇ・・・

NI: (笑) 簡単に、壊せましたね。(笑)

N:(笑)すごい!でも結構、長いこと、この塔ってあったんでしょう?

NI:あったでしょうねぇ。なんか、巧妙に隠してましたよね、おそらくその・・・

N:そうか。地下に行くと、見かけで、でも実は塔だったみたいな感じだったんですよね?

NI:そうそうそう、地下の塔・・・で、しかもカモフラージュがありますよね。その、見てくれはみすぼらしくして、人の手が加わってないみたいにしといて、でも中はすっごい計算され尽くされてるみたいな。もうこれは悪意の塊だな。

N:なるほど・・・もう出れないように作られてたってこと?

NI:そうでしょうね、これ。封印がヤバいですね。

N:封印されてたんだ・・・

NI:ヒドいな、ひっどいな~。(笑)

N:ひっどいね~。よく壊したそれを。(笑)

NI:う~ん、なんで中からは壊せなかったんだろうなぁ。

N:なんでですか?

NI:なんででしょうね~?なんか・・・あ、無力化されるようになってるのかな?いくら中で暴れても、全部こう、変換されちゃいますね。もう全く無、みたいな。

N:あ、そうなんだ~・・・

NI:うーん、ひっど!(笑)これヒドいなぁ・・・

N:じゃあその、エネルギーっていうか、一生懸命出しても、そこがもう無力になるように・・・

NI:そうですね。全部呑み込まれちゃう・・・だから闇が深かったんでしょうね。あれは、出ようとして頑張った、残骸みたいな?こんなヒドいことする権利あるの?みたいな。(笑)

N:ねえ、本当ですよね~。

NI:ひっどい!(笑)

N:でも、壊しましたもんね。

NI:うん、壊しましたね。(笑)

N:良かったですね。(笑)

NI: (笑)あーあ、壊せちゃった。どうしよう?(笑)

N: (笑)どうして壊せたんでしょうね?

NI:どうしてでしょうね?!なんでだろうなぁ・・・なんで?なんで?強かったのかな?自分が強いのかな?よくわかんないですね。でも、みんな同じようにやろうと思えば出来ると思うんですよね。

N:みんなというと?

NI:あ、もう誰でも。

N:誰でも?

NI:その閉じ込められてた人も、誰でも、みーんな、おんなじだから、願えばできるはずなんです。なんでだろうな・・・ほかに壊そうとした人いなかったのかな?

N:願わなかったんですかね、そもそもね。

NI:あ、わかった、あの、支配者が超強いから、みんな怖がっちゃって、誰も反抗できなかったんですよ。みんな強かったんだけど、でもビビっちゃいましたね、皆さん。私はちょっと非常識なんで。

N: (笑)それが良かった。

NI: そうそう。(笑)

N:そもそも作った人が恐怖で作ってるから、中の人たちも恐怖を抱くようになってるんだ・・・

NI:そうですね~・・・あんな、チンピラみたいなやつに・・・(笑)

N:チンピラ。(笑)

NI:怖がる必要ないのに。みんな強いんですよ。みんなみんな強いんですよ。そんな・・・

N:なんか、黒を塗りたくられてこう、自分に気付かないようにされてたんですよね?

NI:そう、そうですねぇ~・・・うーん、気付いていても、怖いが先行したのかな?

N:なるほどね~、そもそもその塔の存在に気付いてたか、どうかってこともありますよね?

NI:塔は多分みんな知ってました。

N:知ってた?

NI:なんだろう、そういう制度じゃないけど、支配するぞ、みたいな布告があったので・・・

N:布告は一応あったんだ。

NI:あったっぽい、ですね。でも、みんなそれにビビっちゃったのかな?何言ってんのこの人みたいな。(笑)おとなしく塗られてしまいましたね、皆さん。

N: なんでそんなおとなしいんですかね~。

NI:どうなんでしょう、優しいんですよ、みんな。なんか、いきなりそういうルールを作って閉じ込めようとした皆さんの頭が本当におかしい。そういう悪意の塊みたいなやつは、ごく少数で、そうじゃないのがみんなだったのに、そいつがそんなことを言いだしたら、もう新しい概念すぎて、ビビっちゃって、ビビっちゃって。

N:はい、わかりました、みたいになっちゃったんですね?

NI:そうですね。

N:うわー…みんな優しいから。

NI:うん、みんな優しいから・・・

N:受け入れてしまった・・・(笑)

NI:そうそうそう・・・受け入れてしまいましたね~。

N:でも中に入っちゃったら、もう・・・

NI:もう呑まれちゃったのかなぁ・・・ヒドいな本当に。(笑)

N:ヒドいですね~。それって、さっき、どんどん落ちてったらもうそこで溶けるしかないみたいなこと?

NI:そうですね、もう、出られない。なんかその、食虫植物じゃないけど、入ったら終わり、みたいな。

N:あ~、そうだったんだ・・・入って長くいた人達は、そこで溶けちゃうみたいになっちゃうってこと?

NI:そうでしょうね、これ。

N:そういうシステム・・・

NI:でも、多分願えばその、全然白い人たちとか関係ないもっと上の方に、昇華することはできると思いますね。もう、こんなところは嫌だ嫌だ、もう絶対肉体なんかなるもんか、って思った人は多分、そっちの方に、飛んでっちゃってますね。

N: (笑)そうなんだ、消える直前とかに?

NI:そうですね。 (笑)

N:願わないとダメですね、でもね。

NI:そうですね~・・・苦しい、痛い苦しい、そういうのに呑まれちゃってる人?でその痛い苦しい自分?自分を本当はその痛い苦しいじゃない世界に戻したかった、けどそれが叶わない、痛い、苦しいって言い続ける人は、ずっとそこに溜まってますね。

N:溜まってるんだ・・・

NI:諦めた人?もう、どうでもいいと思った人から上に、消えていく・・・(笑)

N: (笑)どうでもいい。(笑)どうでもいいって大事ですね。

NI:もうくだらないって思った人から・・・

N:くだらないって、やっぱこのシステムおかしいぜとか、くだらないって、思うのが大事?

NI:そうそうそう・・・(笑)そうですね~。あの白い人たち偉い顔してるけど、多分そんな偉くないですよ。もうなんかチンピラみたいな。ホントなんか・・・(笑)

N:なんの権利があってその人たちはそんなことを・・・

NI:本当ねぇ!なんなんでしょうねぇ!なんか結構でも、下の方の人ですよ、あの人たちは。

N:え、実は下の方の人たちなんだ。

NI:もう下です。全然下です。全然上じゃない。

N:じゃあ同じ白だったけど、下の方の人たちだったの?

NI:そうですね。我々は、なんなんだろうなぁ・・・うーん、なんか、上と繋がってるけど、下位層まで降りてきたみたいな感じ?

N:なるほどね~。

NI:あ、多分アレです、あの、白い奴らが頭がおかしいから、紛れ込んでました。スパイみたいな。

N:あ、大事それ。

NI:(笑)

N:それ、もしかして仕事として紛れ込んでた?

NI:そうですね~。さすがにそれを見て頭にきたので、何やってんだ、あいつらと思って・・・(笑)そうですね。擬態してました。(笑)

N:じゃあ、じーっと待ってたんですね。

NI:待ってましたね~。

N:この瞬間を・・・みたいな。(笑)

NI:(笑)待ってました。(笑)

N:そうだったんだ~。でもね、本当に、解放されて別に何が起きるわけでもなく・・・

NI:そうですね。

N:ねぇ!

NI:なんか、ただカラフルになっただけですね。しかも、塗りたくられた黒すらも彩りの一部になってますね。それがあったからこそ、より輝いてますね。

N:逆に塗りたくられた黒も生きるってことですね。

NI:そうですね。そのコントラストがすごい綺麗だ・・・

N:へぇ~、わぁ、素敵・・・いいですねぇ。

NI:いいですねえ!宇宙・・・が創られたのかな?(笑)

N:あぁ~!そっか、もしかしたら!

NI:うん、綺麗です。とても。

N:いいですね~、なるほど・・・

NI:地球の元?今の銀河の元だったのかなぁ?そんな感じがします。

N:ん~、なるほどね。

NI:それが写ってるから、地球が今こういう状態なのかな?

地球の解放

N:どういうことですか?

NI:あの、上の世界のものが、同・・・

N:あ、下にもって言いますね。上にあるものが下にもって。

NI:そうそう、そうなんです・・・あれみたいな。

N:なるほどー。

NI:だからまぁ、ここも多分、良くなりますよ。解放は起こってるんで。

N:解放は起こってますか?

NI:起こってます、もう。だから宇宙が生まれたので。

N:もう既に起きてるから、ということは、それはここでも起きる。地球でも起きるって事ですよね。

NI:そうです、そうです。起きますね。大丈夫ですね、はい。

N:なるほどね・・・

NI:まぁ、ただちょっと、人類は苦しいですよね~。

N:どうしてですか?それは。

NI:ちょっと可愛そうですよね。やっぱり、去ってった白い人たちみたいな奴の、概念が落とされてるから、うーん・・・それがどうしてこんなに強いのかなぁ・・・強いけど・・・うーん・・・なんかあの、親和性が、あったんでしょうね、人類というシステムと、白い人たちの恐怖政治というのがちょうどピッタリ合っちゃって、必要以上に浸透してしまった感が、ありますね。

N:なるほど。他の星ではそうでもないんですもんね?

NI:そうでしょうねぇ・・・うん、うんうん、人類のねぇ、恒常性を保つじゃないけど、生き残りたい欲が強過ぎる?

N:へぇ~。

NI:ちょっと、自分に固執しすぎてて、それでこう、なんて言うんだろうなぁ・・・もうなんか、悪いところに、転がり込んでますね、その。

N:それがその人たちの、何かと共鳴したみたいな感じ?

NI:そうですね~。だからここまで酷くなってますね。

N:なるほどね~・・・

NI:はぁ・・・うん。どうにかできないかな、この地球・・・

N:うーん、どうでしょうか。どうにかできないんですかね?塔を壊したみたいにね。

NI:硬いですね、地球はとても。

N:地球は硬い。

NI:うーん、アプローチが難しいなぁ・・・白いところでスパイになった時は、その白い存在は力が割とあったし、自由だったので、簡単に塔を壊せたんですけど、人間になってこれどうにかするって、できないなぁ・・・

N:なるほど~・・・

NI:人間と同じ存在になっても、うーん・・・あ、この地球全体がその塔の中身みたいになってるから、何をしてもみんな、消されますね。

N:あら!さっき無力化されるみたいに言ってたけど、

NI:そう、そう。人間になった瞬間にもう塔から出られないみたいなものなので、いくら知ってても、無理・・・ですね、これ。あぁ・・・

N:どうしたらいいでしょうね?

NI:どうしたら、いいかなこれ。(笑)わかんないなぁ・・・うーん・・・

N:でもさっきの塔は、願えば知ってるし、願えば出れるみたいな話じゃなかったでしたっけ?

NI:あぁ、中入っちゃったら多分、もう恐怖支配されて・・・あ、そうですね、その、闇に溶けた時は、もうなんか、でもそれはもう諦めの境地ですね。

N:あぁ・・・

NI:もうくだらねえよ、こんな世界、どうでもいいよもう、みたいなふうになれば、あっち行けるけど・・・

N:そっちに繋がるんだ。

NI:そう、でもこの世界で幸せになりたいとか願っていたら、もう無理ですね、絶対。

N:そのいわゆる幸せってどういう意味の幸せですか?

NI:えーっと、例えば、自分が生き残りたいに関連する幸せ全てですね。

N:あー、はいはい。生き残るために、ちょっと人を蹴落としてということでしょうね、要はね、

NI:あぁ・・・物理的な幸せのことを言ってるのかな?お金持ちになりたいとか、こういう生活がしたいとか、物質ベースのもの?だから、物質だから人質に取れるんですよね。

N:あ、人質になっちゃうんだ、物質があると。

NI:そうそうそう、そうそう・・・だから、結局その働くっていうのも、お金を人質に引き摺られてるような状態だから、こういう体系がある限りちょっと人類は・・・うーん、難しいねぇ・・・

N:働かなくても、お金が入るみたいになればいいってことですか?でもお金があるのがおかしいんですかね?

NI:そうなんですよ。本当はお金というものがそもそも、白い人たちが支配しやすいように作った概念みたいなところがあるので、お金に引き摺られてる限りはちょっとヤバい・・・ヤバいけど、え?!どうすればいいの。(笑)

N: (笑)どうすればいいんでしょうね?

NI: どうすればいいんだろうなぁ・・・どうすればいいんだろうなぁ・・・うーん、難しいですね。人間になっちゃったらちょっとどうしようもないところありそうですね~。

N:うーん、なるほどね~。

NI:もうあまりにも体制が敷かれすぎていて、ナナメからのアプローチっていうのがはっきり言ってほとんど通らないので、あぁ・・・なんか凝り固まった信念体系ですね、本当に。地球という星・・・

N:そうなんだ。じゃ、結局その塔みたいなのを作ってるのは、信念体系?

NI:そうですね。その、恐怖政治じゃないけど、白い、悪い、悪いっていうか、イヤな人たち?の敷いたのが・・・

N:ま、従わないといけないみたいな?

NI:そうですね。低いといってもやっぱり、人間よりは上なので、簡単に手玉に取れるんですよね。

N:なるほど。

NI:なので、人間の世界・・・程度ならば、こう簡単に・・・どうにも穴がないようなふうに、支配を、広げられる?もうなんか・・・というところがありますね。

N:なるほど、なかなか難しいですよね~。

NI:そうですね~。ヒドいなぁ・・・だから地球はシュミじゃないんだろうな。うん・・・どうしようもないって、わかってたけど、でも気になって気になって、ならずにはいられなかったんでしょうねぇ・・・もうなんか、辛い。(笑)

N:辛いですよねぇ・・・

NI:辛い!(笑)

N:本当にね。

NI:理不尽がすぎるよ・・・(笑)酷いよぉ・・・

 つづく。

 

東京セッション再開の延期お知らせ

7月よりセッションを再開し、18日より東京でのセッションを行う予定にしておりましたが、昨日のコロナウィルス東京感染拡大から、再開時期を1ヶ月先に延期することに決めました(福岡では行います)。この先どうなるかなんとも言えませんが、最多数を更新しつつある今、移動自粛により、自分のみならず来られる方の感染リスクを減らしたいと考えました。皆様快く変更に応じてくださりました。8月はすべて満席となっております。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

 

地球解放…塔の破壊①

f:id:qhht:20200717233949p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

前回「地球は囚人惑星なのか?」という問いにサブコンシャスに答えて頂く、QHHTセッション記録をご紹介しました。 

その前の天使の方が地球は「とんでもない星」だと言われていたことで、こちらのセッションのことを思い出して、掘り起こしたものでしたが、

K:う~ん、そういうこともあったかもしれない。昔のことかな。
N:今は全然違うんですね?
K:目的が違う。変わった。
N:目的って、どんなふうに変わったんですか?
K:閉じ込め。
N:前は閉じ込めだった?
K:うん。
N:今は?
K:解放
N:そうなんですね。いつくらいから変わったんですか?
K:最近。
N:割と最近ですよね。なんかそんな感じはあります。じゃあ、今からますます解放に向かっていくと?
K:乗り遅れないようにね。

「地球は囚人惑星なのか?」 - 大いなるものとつながって

 以前は「閉じ込め」だったのが、最近「解放」に変わったと述べています。これは2019年4月のセッションでしたが、この頃からやたらと「解放」「カルマの終わり」などに関するセッションが増えました。宇宙のことは実は時空は関係ありません。すべてはすでに存在しています。だからこそ、その情報が開かれてきたタイミングには何か意味があるような気がしています。

今回のQHHTセッション記録は、同じく2019年4月のものです。まさに「解放」に関するものでした。それではご覧ください。

N:何が見えますか?

NI:灰色の岩。地表が灰色。

N:地表が灰色なんですね。どんなもので出来てる感じですか?

NI:うーん、岩ですね。

N:岩なんですね。ゴツゴツしてる?

NI:そうですね。結構、すべすべというか、白っぽいところはあるんですけど、なんかこう、密集して気持ち悪くなってるところもありますね。

N:じゃあ、まだ上から見てる感じですか?

NI:あー、そうなのかもしれません。ちょっと飛んでるのかもしれない。

N:そうなんですね。じゃあ、降りる必要があるなら、その場所に降りて行ってみてください。どうですか?

NI:冷たい岩ですね。

N:冷たいんですねー。同じく灰色の?

NI:そうですね。綺麗なところに落ちました。

N:周りを見回すと、他に何が見えますか?

NI:何も・・・ん、なんか・・・岩の山が。瓦礫の山みたいな。ちょっと草が生えてますね。

N:周りには、誰かいますか?一人だけですか?

NI:いなそう・・・

N:瓦礫というのはどういうものでできてるんですか?

NI:あの、地面の岩と素材は同じかなぁ。

N:結構その山は高いんですか?低い?

NI:そんなに高くないですね。

N:他に何かそこで気づくことはあります?

NI:なんか・・・入口があるかもしれないです。

N:どんな入口でしょう?

NI:結構、こう、ちゃんとしてるんですけど、岩をこう・・・積んだのかな。削ったのかな。あんまり・・・装飾とかはないですね。

N:でも入口ってわかるような?

NI:そうですね。

N:どうしますか、そこ入って行きますか?

NI:そうですね。

N:はい、じゃあ入っていってみてください。

NI:あ、多分この場所そんなに好きじゃないですね。

N:あ、好きじゃないんだ。(笑)

NI:でもちょっと入ってみます。

N:入口の大きさってどのくらいなんですかね?

NI:うーん・・・そんなに小さくも大きくもない、ちょうどいいくらいの・・・

N:人が入るぐらいの。

NI:そうですね。

N:どうですかね、なにが見えてますか?

NI:あー、暗いですね。石の階段みたいなのを、下ってます。

N:暗くて、階段を下っていて。するとどうですか?

NI:中は・・・なんか・・・ところどころ蝋燭みたいなのが、壁にあって、照らされてはいますね。

N:なるほど。

NI:でもやっぱり暗いですね。

N:やっぱり暗いんだ。そっか、じゃあもう今降りた下にいるんですかね?

NI:まだ下ってますね。

N:まだ階段降りてる。

NI:長いですね。

N:降りてるあなたっていうのは、その自分の足元を見ると、どうですか。何か靴とか履いてます?

NI:裸足です。(笑)

N:その裸足の脚から上を見ると、洋服っていうか何か着てますか?何か纏っているものは。

NI:あー、なんかボロ布みたいな・・・

N:どんなボロ布ですか?

NI:なんか・・・麻か何かな。みすぼらしいですね。

N:それを纏っていて・・・何か身につけているものはあります?アクセサリーとか。

NI:んー、首に何かあるような・・・

N:うん、どんなものですか?

NI:ヒモ。ヒモ?なんか・・・先についてるかな。サメの歯みたいに尖ってる・・・でも青いですね。

N:これは何か、意味があるんでしょうかね。

NI:なんでしょうねぇ・・・うーん、なにかこう、お守り的な・・・なんか、自分のルーツとか関係してるからつけてたい、みたいな。

N:手とかには何か、持ってたり、そういうものはないですか?

NI:あー、なんか、燭台をいつの間にか持ってました。

N:あ、そっか暗いからね。燭台を持ってて、それで降りてる。燭台はどんな燭台ですか?

NI:なんだか金属で出来てますね。

N:どんな金属で?

NI:えーっと、これなんだろう?

N:色とかは?

NI:金・・・金、くすんだ金みたいな。真鍮とかかな。

N:ちなみにその身体っていうのは男のようですか、女のようですか?

NI:どっちでもなさそうだなぁ・・・

N:髪の毛とかは、どんな感じなんですか?

NI:髪は・・・髪はなんか適当に切ってるだけですね。邪魔だからそんなに長くはしてなさそうですね。

N:頭にはなにもつけてないんですかね?

NI:つけてないですね。

N:じゃあ首にヒモを巻いてる、それぐらいなんですかね、つけてるものは。

NI:そうですね。あ、なんか・・・あー、いや、気のせいかな・・・なんかゴーグル的な・・・頭にあるかもしれない。

N:ゴーグル的なものが。後でね、なにかわかってくるかもしれないので、そういうのもあるかもしれないってことですね。

地下にある黒い塔

N:どうですか、まだまだ続いてますか、その階段は。

NI:長いですね。壁を触って歩いてるんですけど、たどり着くのかなこれ。(笑)

N:そんなに長いんですか、すごいですね。(笑)どういう場所なんでしょう、ここは。

NI:うーん・・・なんか・・・適当に切り取られてるだけって見えてたんですけど、よく見たら、石が積まれてて、塔みたいになってる。細長いですねぇ。

N:あ、細長いんだ。じゃあそこを下に降りていってる?

NI:そうですね。

N:ということは最初は塔の上の方にいたんですか?

NI:地上のところははっきり言って適当でしたね。

N:あ、じゃあ地下が、そんな感じ。

NI:そうですね~。

N:そうか、地下深いんですね。

NI:深いですね。地下の方がこう、人工的な雰囲気を感じます。

N:地下の方が。へぇ~、面白い。

NI:なんかこれ多分どこにもたどり着かないような・・・(笑)

N: (笑)そんな感じなんですね。

NI:そうですねぇ・・・どうしようもないな、これは。

N:ここは前来たことがあるんですか?

NI:どうだろう?なんか身の覚えはなくはないですね。

N:なんかあんまり行きたくないみたいに言ってましたけど、

NI:つまんないんで。(笑)

N:つまんないというのは何がつまんない?

NI:なんか・・・シュミじゃない、やっぱり・・・(笑)

N:どういう意味で趣味じゃないんですか?

NI:うーん・・・もっとこう、明るいところが好きだし・・・まぁ暗いところは暗いところで魅力はあるんですけど、ここはなんか単調なんですよねー・・・

N:あぁ、単調・・・

NI:そう、暗いところの魅力をこう編み出しても、空想の世界だけになってしまうので、ここの現実の暗闇は本当にただの暗闇なので、本当につまらないですね、ふふふ。

N:どうしますか、もう少し行ってみますか?

NI:もう、いいかなぁ・・・なんか・・・うーん・・・なんもない・・・多分このまま降りて行ったら身体が消えてく的なだけなので。

N:それはどうやってわかるんですか?

NI:闇が・・・こう、あるんですよね、下の方に。そこから下は物質を許されないみたいな感じなので多分、溶けますね。

N:なるほど・・・

NI:ま、痛くも痒くもないので別に溶けてもいいんですけど、ただちょっとシュミではない。

N:そういう形で溶けるのは、趣味ではないと。

NI:うん・・・うん。面白くないですね。

N:面白くないね。別の形がいいんですね。

NI:そうですね。そこで溶けてしまうと、そこの者になってしまうので、となると、まぁ・・・えー、みたいな。(笑)

N:そこの者にはなりたくない?

NI:そうですね。つまらないので。

N:じゃあ、撤退しますか。(笑)

NI: (笑)そうですね

N:じゃあ、また、戻ってきて。

NI:あぁ、地上だ・・・いいですね!

N:早かったですね。

NI: (笑)

N:(笑)。じゃあ今度はどうしますか?

NI:そうだなぁ・・・どうしようかなぁ・・・

N:ここには・・・この辺ってよく来る場所なんですか?この地上の・・・

NI:うーん・・・そんなに行かないのかなぁ・・・なんかもっと、上の方で寝てる方が好きなんで・・・

N:なんでここに来ちゃったんでしょうね?じゃあ。

NI:なんで、でしょうねぇ。

N:他に何か見ます?

NI:うーん・・・空とか草しか見えないんですけど、断崖絶壁感がありますね。飛び降りるのも楽しそうだけどな・・・(笑)

N:どうしますか?

NI:どうしようかな・・・ちょっと飛んでみますね。

N:あ、いいですよ、どうぞ、どうぞ。飛んでください。

NI:あぁ・・・風がいいですね。

N:風がいいんだ。

NI:うんうん。なんか別に・・・空飛べる感じなので、うーん・・・あ、でもなんか落ちる感覚がやっぱり気持ちいいですね。

N:あ、そうなんだ。落ちる感覚が気持ちいい?

NI:そうですね。なんか永遠に落ちていけますね、ここは。地上がないのかな?

N:どうなんでしょうね?

NI:空・・・でもなんか白いですね。

N:白いんだ。

NI:白っぽい空。でも青といえば青とわかるような。

N:なるほどね。さっきそういえば、ゴーグルみたいものがあるって言ってたと思うんですけど、それはどうしてます?

NI:今もういらなくなったから飛ばしたかもしれないですね。

N:あれはなんのために持っていたんでしょう?

NI:なんか保護かなぁ・・・

N:保護?

NI:闇?

N:あ、下に降りるのに、

NI:そうですね。

N:あぁ、そうだったんだ。じゃあそれはもういらないから。

NI:もういらない、から。(笑)

N:飛ばして、で今は、何をしているんですか?

NI:今は、ひたすら落ちてます。(笑)

N:落ちてる(笑)どこからか落ちたってこと?

NI:崖から飛び降りて遊んでます。(笑)

N:遊んでるんだ(笑)でひたすら落ちてる。じゃあもう心ゆくまで。(笑)

NI: (笑)

N:心地いいんですよね?(笑)

NI: (笑)そうなんです。(しばし笑)あぁ・・・やっぱこっちのほうがいいなぁ。なんか、服とかも、別にいらないし。

N:ん?何がいらない?

NI:服とか・・・身体が多分、ないのかな?

N:身体ないんだ。

NI:何も身につける必要ないし・・・楽ですね。(笑)

N:今はじゃあ、身体がなくてどんな感じなんですか?

NI:なんかもう、落ちるの、やめて・・・いや、落ちてるのかな?でも、そういう概念がない世界になってるのかな、もう。

N:ふーん、身体っていう概念がない世界?

真っ白な世界

NI:そうですね。なので、体感も特になく、もうなんかもう真っ白な世界だけになってきました。

N:真っ白な世界だけ?じゃあ周りも全部真っ白になってきてる?

NI:そうですね。なんか、さっきの雲に戻っちゃったのかな?

N:あぁ、雲に・・・なんか懐かしいって言ってましたけど、あれはどういう意味なんですか?

NI:あれは多分、仲間だったのかなぁ・・・

N:仲間かぁ・・・なるほどねぇ・・・

NI:ずっと、そこにいた。ずっと会いたかったんで。(笑)

N:えぇ、ずっと会いたかったから。じゃあ、そこで会えたんだ。また、今そこに戻ってるんですね?

NI:そうですね。(笑)結局戻りましたね。(笑)

N:どうですか、今は。どんなふうになってます?

NI:今もう何もない・・・真っ白なだけになってる・・・いるも、いないもあんまり変わらないみたいな。

N:どうですかね、気分は。

NI:うーん・・・なんとも・・・なんだろう、なんか、無?無の境地・・・

N:無の境地。(笑)

NI: 無の境地。(笑)

N:そっか、気分も何もない、もう無の境地なんですね。

NI:そうですね。何もない状態なんで、特になんの願望も抱かず、そのまま・・・

N: 仲間はどうなったんですか?

NI:仲間・・・もなんかこう、概念なんで、真っ白の中に溶けてる状態みたいな。

N:ふーん、もうみんな一緒に溶けちゃってるってかんじ?

NI:そうですね。

N:なるほど~・・・じゃあ、そこにいる感じって、どんな感じなんでしょうね? 説明難しいかもしれないんですけど。

NI:うーん・・・そこが一番落ち着くのかなぁ…そこに本当は居たいんだけど・・・みたいな。だけどやっぱりあの暗闇が気になるんですね~、おそらく。でもなんかもうどうでもいいかな。(笑)

N: (笑)

NI:つまんないからどうでもいいかな。(笑)

N:つまんないからどうでもいい?(笑)

NI:つまんないからどうでも・・・(笑)

N: (笑)そっかぁ・・・

NI:彼らは彼らなんで、もういいと思いますよ、もう。もう寝てようかな、ずっと。(笑)

N: (笑)ずっとここで寝ていたい?

NI:うーん、もういいや!(笑)

黒の世界

N: (笑)そもそも、(地下の塔へ)入ってみようかなって思ったのって、嫌だけど行っちゃったっていうのは、何だったんでしょうね?

NI:なんだったんでしょうね?なんか気になるんですよね~。

N:気になる?

NI:多分その黒い塔は、忌み嫌われているので、…なんで、みんなそんな嫌うの?じゃないけど、そんな避ける必要なくない?みたいな。

N:なんで、嫌われてるんですか?

NI:なんか黒いから。(笑)

N: (笑)白くないから?

NI:そう、ひどいですよね~、本当~。本当にひどいんですよ。黒いからなんなの?みたいな。別にいいじゃん、みたいな。(笑)

N:黒は黒で、いいじゃないかと。

NI:そうそう、そうそう・・・

N:そこを主張したいっていうのはあったんですね~。

NI:そうですね。そこはちょっとこう誤解を解きたいじゃないけど、別に悪くないでしょ、みたいな。

N:黒は黒でしょ、みたいな。

NI:そうそうそう・・・でもちょっと趣味ではなかった。(笑)

N:趣味ではなかったけど、黒は黒で認めてあげなさい、みたいな。

NI:そうそう、そうですね~。

N:なるほどね~。そっか。それで気になったんですね。周りがそうやって、認めないから。

NI:そうですね。ちょっと嫌でしたね。そういう、差別的なものは。軋轢を消したいかなぁ・・・軋轢・・・なんかそういう概念?いいじゃん、もう、好きにすればいいじゃん、みたいな。(笑)人を罰することないでしょ、みたいな。(笑)

N:うん、確かに、確かに。ねぇ・・・じゃあなんか黒いからって、罰せられてるみたいなところもある?

NI:そうですね、多分自由無いですね、彼らは。なんか、排他的な目に遭ってるのかなぁ。

N:へぇ~。

NI:ちょっとそれ可愛そうですよね~。黒は黒の魅力があるっていうのに。なんでそんなことでこう・・・うーん・・・

 までもその、閉じ込められてる黒も、閉じ込められてるから、閉じ込められてる世界だけで、縮こまっちゃってるんですよね~。

N:なるほど。

NI:そう、本当はもっと広げたら魅力的なんだけどなぁ・・・

N:確かに、確かに。ですよね。

NI:そうなんです。

N:さっきちらっと言ってましたよね。暗闇にも、もうちょっとやり方あるみたいなね。

NI:そうそうそう・・・

N:どういう風にやるといいんでしょうね?

NI:どうだろうなぁ・・・うーん・・・なんか、黒いのをそのまま広げちゃえばいいんじゃない?ふふふ・・・

N:そのまま広げる?

NI:そうですねぇ・・・なんか、塔とかに閉じ込めるの、やめたら?みたいな。(笑)

N:閉じ込められてるから、うまくいかないみたいな?

NI:そうそうそう・・・ただの、黒い、つまらない、下に降りて溶けてくだけのものになってるけど、これが広がれば、すごいでしょうね~・・・

N:どんな?どういうふうにすごい?

NI:えっと、白は、ただの光なんですけど、黒は、それこそその、夜の星の空じゃないけど、黒の中にいろいろな色があるんですよね。光もいろんな色あるけど、でも、光としてしか出力できない。もう絶対白色になってしまって、色が生まれないんですね。

N:確かに。

NI:そうなんです。

N:黒にはならないですよね、確かに。

NI:黒にはならない・・・し、色も生まれない。白しかいないから・・・

N:なるほど。

NI:でもそれが黒の世界だと、それこそその星、夜空の星?いろんな星雲とかが色が付いてるみたいな、天の川みたいな、いろんな色が、生まれるから。

N:黒があることでいろんな色が生まれると?

NI:そうなんです。

N:なるほど。

NI:白はみんな消しちゃうからね、ぶっちゃけ、ダメですね。(笑)

N: (笑)面白い~。

NI:そうなんですよ~。黒は本当はそんな閉じ込められているべき存在ではない。もっと広がったら、素晴らしいんだけど。

N:そうですね、たしかにね~。

NI:そう。でも誰も信じてくれなくて。

N:じゃあ、黒の良さを、わかってもらいたいと。

NI:そうですね。まぁ、わからなくてもいいから、黒解放してあげてよ、みたいな。

N:確かにね。解放することによって、黒がどんどん、広がって・・・

NI:そうですね。

N:そしたらもっと鮮やかに、なっていくと。

NI:そうそう、白が黒を、そうやって閉じ込める権利も、そういう、なんだろ、無いから、(笑)そういうなんか、支配的なことはよくない。(笑)

N:うん、よくないよねぇ、本当に。

NI:可能性が縮まってつまんなくなるからそれは、よくない。

N:うん、本当に。それは、よくない。

NI:まぁ、善悪じゃなくて、面白くないから、という・・・(笑)

N: (笑)確かに、面白くないよね!

NI:そうそう、趣味嗜好な、感覚だけに近いですね。(笑)

N: (笑)黒を、閉じ込めた人たちってなんで閉じ込めちゃったの?

NI:なんか自分と違う、嫌いだから、みたいな。(笑)

N:嫌いだからなの?

NI:そう~、ひどいですよね~。感情論じゃーん、みたいな。(笑)

N:感情論じゃん、それひどーい。

NI:ま、趣味嗜好も感情論か、みたいな。(笑)

N:そっか、それも、そっか。(笑)

NI: (笑)でもねぇ、人を、他人を閉じ込めるみたいなのは良くないですよ~、本当に。

N:うん、よくない。

NI:なんの権利があるの。そんな偉くないでしょ白とか。(笑)所詮白という色しか出力できないくせに偉そうにしすぎなんですよ。(笑)

N: (笑)ウケる。確かに白しかできないんだよねぇ・・・

NI:うん、うん、うん。黒の方が、多様性が素晴らしい。

N:多様性のもとになるみたいなね。

NI:そうですね。

N:そう言う感じですよね。

NI:そうです。

N:でも黒の人たちも黒の人達なんでしょ?黒にいる人たちっていうか。解放されてないからおかしくなってる感じ?

NI:そうですね。彼ら別にそんな変じゃないですね。実際は。多分白よりは寛容は寛容ですね。

N:そうなんだ。

 つづく。

 

東京セッション再開の延期お知らせ

7月よりセッションを再開し、18日より東京でのセッションを行う予定にしておりましたが、昨日のコロナウィルス東京感染拡大から、再開時期を1ヶ月先に延期することに決めました(福岡では行います)。この先どうなるかなんとも言えませんが、最多数を更新しつつある今、移動自粛により、自分のみならず来られる方の感染リスクを減らしたいと考えました。皆様快く変更に応じてくださりました。8月はすべて満席となっております。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

 

「地球は囚人惑星なのか?」

f:id:qhht:20200716004724j:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

 今回のQHHTセッション記録は、2019年4月に行われたものです。前回の『天使のためらい』で、地球が「とんでもない星」「とんでもなく低い次元」と天使は何度も強調し、地球に降りることを躊躇っていました。

qhht.hatenablog.com

qhht.hatenablog.com

qhht.hatenablog.com

 そういえば、以前のセッションの質問に似たような話がでたことを思い出し、急遽掘り起こしてみました。
この方は質問の中にズバリ「地球は囚人惑星なのか?」と聞かれていたのです。

ミシェル・デマルケも地球のことをカテゴリー1に属する進化の段階では最も低い段階の、<悲しみの星>であり、「かなり特別な種類の習得環境になっている」と述べています(ミシェル・デマルケ著『超巨大「宇宙文明」の真相―進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」』より)。

果たしてどうなのでしょうか?その質問にKさんのサブコンシャスが答えています。

地球は囚人惑星なのか?

N:地球は囚人惑星っていう説があるんですけど、これどんなふうに思われますか?

K:(ふっふ…)笑っちゃうね。誰が言ったんだろうね、本当に。

N:どうですか、これは?

K:まあ、そうも言えるかもしんないよね。

N:(笑)そういう見方もあると?

K:まぁね。

N:でもどうなんですか?Kさんのハイヤーセルフ、サブコンシャスの考えはどうなんですか?

K:たぶん……いろんな階層。階層があるから人それぞれ。

N:いろんな階層があるんですね?

K:振り返す人はそうでしょ。

N:繰り返す人は…

K:囚人…かもしれない。卒業する人もいるでしょ。

N:その違いは何なんですか?

K:階層。次元。

N:繰り返す人は、その繰り返す次元のままにいるということ?

K:経験が足りない。もっと経験したい。繰り返す。

N:経験するために、繰り返してるんですね。違う階層に行くと…

K:卒業がある。

N:卒業する時とは、どういう時に卒業できるんですか?

K:人それぞれ。

N:Kさんは、ゆくゆくは宇宙に帰りたいと仰ってたんですけど…

K:まだいいよ、楽しんでる。来世も地球。

N:もともと違うところから来たんですか?

K:ずっとここかな。もう思い出せない。

N:生まれたのも地球ですか?生まれたというのも…

K:そういうわけじゃないでしょ。魂は永遠だから。

N:そうですよね、確かに。でも地球での体験は結構楽しんでる?

K:そうだね、楽しいよね。どっちかというとね。

N:何が楽しいのですか?

K:科学かな。

N:もう少し詳しく言っていただくと、どういうことですか?

K:科学技術。

N:でも宇宙にはもっと発展したものがあるという話…

K:それは、それ。自分は自分。人それぞれのレベルがあるでしょ。少しずつ知っていく。

N:時々上から降りてきた感覚(科学的な発見に関して)があったという話をしてましたが、そういうのもあるんですか?

K:常套手段だね。みんなが気が付いてないだけでしょ。

N:結構降りてきてるというか、アクセスはできるんですね?

K:みんなある。意識してるか、してないかでしょ。

N:Kさんはそれを分かってるし…

K:わかっている。

N:それをたまに持ち込んで…

K:よくわかっている。

N:そういうのも使いつつ…そういう意味でも楽しんでるんですかね?

K:楽しい。

N:こういうピリチュアルみたいなものも子供の時から馴染みがあったようなんですけど、これはどうしてですか?

K:昔から知ってたら。ただ知ってたから。

N:それはKさんの魂は既に知って…

K:分かってた。知らない人も多いよね。

N:知らない人ってなぜ知らないんですか?

K:訓練。

N:訓練すればこれも?

K:う~ん、忘れてるから。

N:じゃあ、思い出すように訓練していけば?

K:思えばだんだんそうなっていくよね。少しずつ変わっていくよね。あなたも知ってるでしょう?

N:そういう感じがしてます。宇宙がより近くみんなの意識に入ってきている感じはありますね。

K:宇宙…宇宙っていう、宇宙がそんなに大事?みんなが宇宙でしょう。宇宙は宇宙じゃないの。みんなが宇宙。宇宙は別物じゃないの。

N:外にあるものじゃないと?

K:そういうこと。みんなが宇宙でしょ。星空が宇宙って、特別視しちゃダメでしょ。そこが間違い。

N:今ここで生きてるこれ自体がもう宇宙ってことなんですね?

K:あなたが宇宙。私も宇宙。宇宙の中で住んでる。

N:じゃあ、さっきの囚人惑星というのは、その人がそう思い込んでる宇宙を作ってる考えなんですか?

K:う~ん、そういうこともあったかもしれない。昔のことかな。

N:今は全然違うんですね?

K:目的が違う。変わった。

N:目的って、どんなふうに変わったんですか?

K:閉じ込め。

N:前は閉じ込めだった?

K:うん。

N:今は?

K:解放。

N:そうなんですね。いつくらいから変わったんですか?

K:最近。

N:割と最近ですよね。なんかそんな感じはあります。じゃあ、今からますます解放に向かっていくと?

K:乗り遅れないようにね。

N:はい。乗り遅れないために何か…

K:今のままでいいよ。

N:気をつけるべきことはありますかね?

K:素直に。自分に素直に。自分の気持ちが大切です。

N:確かにそうですね。

K:もう知ってるでしょ。

N:はい、分かります。ありがとうございます。

 おわり。

いかがでしたか?

以前の目的が「閉じ込め」であったのに対し、今は「解放」に変わったと言っています。前回の天使の方も、地球の周波数が上がったら使える、ロサンガを使い女神エネルギーを降ろすことにつて、「もうすぐ必要になるはずといういことで、おそらくもたらされた情報だと思います」と言っていました。

実は私のセッションでは2019年頃から「解放」に関するものが増えてきました。ジュリアは2011年に(人類の)カルマは終わったというメッセージを彼女のサブコンシャスから受け取っていたそうです。

これは現在世界で起きていることと関係しているのでしょうか?

 

セッション再開しました

セッションを再開し、以前ご予約頂いた方をご案内しました。その間に有難いことにたくさんのお問い合わせを頂き、7/1より、新規の方のご予約を受け付けていたら、8月分まであっという間に埋まってしまいました。お陰様で7月8月はすべて満席です。ありがとうございます。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

ただ東京のコロナ感染数が増えており、緊急事態宣言が出るような事態になったら、キャンセルや変更になることもあります。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

 

天使のためらい③

f:id:qhht:20200711222500p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

今回のQHHTセッション記録は、今年の1月に行われたもので、前2回の続きになります。

qhht.hatenablog.com

 

qhht.hatenablog.com

「とんでもなく低い次元の地球」にためらいながらも降りた天使でしたが、ここでの使命でもある地球の周波数を上げるということも、非常に困難であると語っていました。

N:地球というのは、そんなに非常に困難な場所なんでしょうかね?

S:とんでもなく困難です。

N:なぜこの場所はそんなに困難なんですか?

S:まず、意識を保っていられません。まず…常に何かをしようとしても、それが流れていってしまうような、難しい…周波数なんですね。

N:そうなんですね。

S:ですから、ものすごく強く、強く、強く意志を持たなければ、ここでは達成できないでしょう。

N:そうなんだ。強く、強く、強く、すごく強く持たなければ。

S:はい。簡単にかき消されてしまいます。

 これは、ドロレス・キャノンが「ノストラダムスとの対話」のまえがきに書き、松村潔先生が折に触れて引用されている、意図がなければ流木のような人生になるということにもつながります。

希望や自由意志がないと、人は操り人形に過ぎず、自分の人生をコントロールできない。ノストラダムスによると、未来は、あらゆる方向に広がり、多くの可能性があるタイムラインの集合体で、その可変性未来の理論を私も信じている。どのタイムラインの未来に向かっているかを知ることができれば、手遅れになる前に変えことができるのだ。これを知らなければ、人は、気まぐれに波間に揺れる流木の一つに過ぎなくなる。

ドロレス・キャノン著『ノストラダムスとの対話』より。

 この地球は周波数的に「ものすごく強く、強く、強く意志を持たなければ達成できない」場所なのですよ。心して取り組まなければいけませんね。

それでは、サブコンシャスとの会話の途中ですが、続きをご覧ください。

 

サブコンシャスとの会話

肉体を持ったままアセンション、5次元に行くことは可能なのか

N:これはどうですか?ミッションの一つだと思うんですが。

S:…今の状態では難しいかもしれません。

N:なぜ今の状態では難しいんですか?

S:今、肉体をスキャンしてみましたが、大分振動数は低いです。

N:そうなんですね、それはどの辺りとかありますか?

S:全体ですね。

N:どうしたらいいでしょうか?

S:彼女は体を動かすことが、少し足りないような気がします。もう少し、体を動かすことを意識し、流れをよくすること。流れというのは、水分、血液などもそうですが、エネルギー的なことが重要です。流れが滞ってしまうと硬くなります。そうすると、なかなか低いまま留まることになってしまいます。

N:留まるというのがよくないんですね?じゃあそのために、運動などで流れができる、水分、血液とかエネルギーがちょっと循環するようになると?

S:はい。

N:これはどのような運動するといいんでしょうか?

S:無理のない範囲でやればいいと思いますが、マッサージなどでもいいですね。

N:それは具体的に体に触れるようなものの方がいいんですか?

S:マッサージは体に触れますよね。

N:いわゆるエネルギー・ヒーリング的なものよりはそういうものの方がいいということですか?

S:はい。直接マッサージする感じですね。

N:それで循環させる。運動の代わりにマッサージでもいいと。

ヒーリングについて

N:Sさんには、ヒーリングを学んでから使えなくなることが結構今まで起きてるんですけど、それはどういうことですか?

S:…それはやはり作られたものですから。人間が作ったものには限界があるということですね。

N:なるほど。

S:ですから、ヒーリングをするならば、作るのではなく、意図するだけでOKです。

N:それは例えばこの部分を治すという意図をすればいいって感じなんですかね?

S:そうですね。治すのではなく、本来の状態に戻すというような意図をするといいかもしれません。

N:そういうやり方は誰にでも使えるのですか?

S:そうですね。ある程度意識の浄化を済ませた人は、そのような意図だけで、ヒーリングをすることが可能になります。

N:普通の状態でそういうことを意図するだけでいいんですか?それとも何か瞑想の時にやった方がいいとかありますか?

S:思考、マインドと言われるものが強い人は、ある程度に集中し、瞑想意識状態などに意図してならなければ難しいかもしれません。ただ、そのようなことは必要のない目覚めの進んだ人によっては、意図しただけでそれが起こるようになります。

N:その人の目覚めが進んでくれれば、もう意図するだけで、そういうふうになると?

S:はい。

N:これに関しては、今の地球の状態でもできるということなんですね?

S:はい、今の状態であれば可能です。

レリウス・カウンシルについて(よく聞いていた言葉に関しての質問)

N:レリウスが出身の星という話だったんですけど、レリウス・カウンシルというのは何なのでしょうか?

S:それは、私のいた星の代表者たちの集まりみたいなのですね。私はそこに所属していました。

N:代表者の一人だったんですね?

S:はい。

N:先ほどもう帰れないかもしれないって心配されてたんですけども、これはどうなんですか?

S:あまりにも私のいた星と地球との周波数、エネルギーの差がありますので、一旦地球に来て、いくら地球が5次元上昇したとしても、その後その状態から元いた星の周波数に戻すことは時間がかかるということです。時間というか、手間がかかることで、それが可能かどうかも分かりません。

N:そんなに違うんですね。このレリウスという星は次元でいったらどのくらいなんですか?

S:10次元くらいですかね。

N:だいぶ違いますね。やってみないとわからないみたいな感じなんでしょうか?

S:はい。

N:もし帰れたとしたら、何かそこでしたいこととかあるんですか?

S:私が従事していた仕事もありますので、それを引き続きやることになると思います。

N:先ほど言った情報を渡すみたいなお仕事ですかね?

S:はい。

N:それはレリウスという星でやられてたということなんですかね?

S:星でというか、私たちは…これはあなたも含め、全ての存在はそうなんですが、非常に多次元的であります。ですから、その星にいながら、別の、天使という次元で私は情報をやり取りする仕事をしていました。ですから確かに私という存在はレリウスにはありましたが、また別の次元で天使としても動いているということです。ですから、そこが同時に存在しながら、しかし同じ場所にあるというわけではないのです。

N:天使としての範囲は宇宙とおっしゃってましたかね?

S:はい。私は宇宙で働く天使でもあり、また別の次元でも働いています。

N:じゃあ、レリウスでは何をされてたんでしょうか?

S:レリウスでは……そこはちょっとお話できません。ちょっと分からない。

N:それはなぜ分からないんですか?

S:う~ん、次元が違いすぎる。うまくお話できないのか…言葉にならないです。

N:それはそうですよね。10次元だったら、多分ここに置き換えての説明の方が難しいですよね?

S:すみません。

N:いえいえ、全然大丈夫です。

ロサンガについて

N:ロサンガという言葉が浮かんだそうなんですけど、これはどういう意味ですか?

S:ロサンガというシンボルがあります。

N:(本人が)ひし形みたいなものと言っていました。

S:それは…彼女が女神のエネルギーをもたらすツールとして、ここで使うことができるということです。

N:それはどのように使うんですか?

S:そのひし形をイメージして……しかし、今すぐに彼女にそれが必要な状況にあるかといえば、今まだ早いかもしれませんが、そのひし形をイメージして、女神のエネルギーを使うと意図するだけで、それが起こるように設定されています。

N:それはすごいですね。

S:そのように簡単にできるようになっているのは、このシンボルの存在する意味です。

N:彼女はしばらくしたらそういうものを使って女神のエネルギーをもたらすことをしていくかもしれない?

S:そうですね。本当はそれが……計画の一つにあったはずですが、まだ彼女にはできていない…もう始めてもいいとは思うんですけど、まだやってないみたいですね。

N:じゃあ、そのひし形をイメージして女神のエネルギーを降ろすと意図すると、できるはずなんですね?

S:できるんですが…この地球に必要なエネルギーというのは、女神のエネルギーでもあります。これから地球がもっと愛の溢れる星になっていくために必要なエネルギーでもあります。それをどのタイミングで使うのかというのは、難しいかもしれません。

N:なぜそのタイミングは難しいんですか?

S:本来であれば、ここまで地球の周波数が上がらないという予定ではありませんでした。もう少し早い、あるいはもう少し軽い状態であると私たちは想像していました。ですから、女神のエネルギーをもう少し早く降ろすことも計画されていました。ただあまりにも地球の状態が、低いまま推移。上昇することがなかなかできなかったので、この女神のエネルギーをどのタイミングで使うのか、まだ難しいと言えます。

N:いずれそういうものを使うタイミングも来るということでしょうか?

S:そうです。もうすぐ必要になるはずということで、おそらくもたらされた情報だと思います。

N:これは5次元にまで地球がアセンションしていくということとも関係があるんですか?

S:はい。そのためには女性性のエネルギー、女神のエネルギーが非常に重要になってきます。

N:この女神というのは、いわゆる男性性、女性性というような一般的な女神の総体みたいな感じなんでしょうか?

S:そうですね。もう少し高次元かもしれません。

N:いわゆる神話で言われている女神とかよりもずっと高次元の?

S:神話にいわれている女神たちは、女神のエネルギーの象徴的な表れですね。ですから、彼女たちが…このシンボルによって彼女たちのエネルギーが動くということでもあります。

N:このシンボルによって、その神話の女神たちのエネルギーが動く。もっと大元的な感じなんですね?

S:そうです。

N:これはSさんのが何かと言うよりも、地球がまだそれを受け入れる状況になってないということなんでしょうか?

S:結局、私たちの状態も、地球の状況もシンクロしています。ですから、それも同じということになります。

N:そういうことか。でもいずれ使っていくということですね。

S:はい。

N:ロサンガというひし形を使うのはSさんだけがやることなんでしょうか?例えば他の人がイメージすることで変化をもたらすのに役に立つようなことはできるんですか?

S:まずは、彼女個人にこれを渡しました。これを彼女が使えるという前提がありますので、彼女は使います。そして、それにより上昇していけば、地球全体で使うことができるかもしれません。

N:まずは彼女が使ってからということなんですね。使えるから渡したってことですね?

S:はい。

最後にメッセージ

S:よくぞここまで我慢し、ここまで頑張ってきました。それを私達はとても誇りに思っています。ここでの仕事が大変であること。それは、私達はとても憂慮しているところです。ですから、どうか私たちの存在を忘れずに、私たちは共にいることをどうか感じて、もうしばらくここで頑張ってください。ありがとうございました。

 おわり。

いかがでしたか?
宇宙世を持った方が、たくさん降りてきていますが、はっきりと地球の次元上昇を手伝うという目的を持ち、天使などグループで降りてきている方もいることがよくわかりました。このセッションでは、「とんでもなく低い次元」の地球と何度も強調されていましたが、もしかすると今回のコロナのことで変化が起きつつあるのかもしれません。それが新しいサイクルの始まりであると、以前のセッション記録で紹介しました。

qhht.hatenablog.com

ロサンガを使い女神エネルギーを降ろすことについて、「もうすぐ必要になるはずということで、おそらくもたらされた情報だと思います」と言っていました(1月のセッションでした)。Sさんがそれを行う日も近いのかもしれません。

セッション再開しました

セッションを再開し、以前ご予約頂いた方をご案内しました。その間に有難いことにたくさんのお問い合わせを頂き、7/1より、新規の方のご予約を受け付けていたら、8月分まであっという間に埋まってしまいました。お陰様で7月8月はすべて満席です。ありがとうございます。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

ただ東京のコロナ感染数が増えており、緊急事態宣言が出るような事態になったら、キャンセルや変更になることもあります。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

天使のためらい②

f:id:qhht:20200711222500p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

今回のQHHTセッション記録は、今年の1月に行われたもので、前回の続きになります。

qhht.hatenablog.com

 この天使が地球に降りることを躊躇っていたのは、「地球という星は、聞いたらとんでもない星だと言うじゃないですか。」ということでした。それでも、エルダーの天使から声をかけられ、地球という惑星の要請があったので地球に降りたちました。なぜなら、

S:今回地球は、とても大きな転換期を迎えます。それには………転換することを助ける存在が必要です。地球の今のままでうまくいかないようなので、必ず助けが必要なのです。私は地球の転換を助けるというミッションを担ってきました。

N:地球の転換というのは、どんな転換なんですか?

S:……これまでの、とんでもなく低い次元から、正常な次元へとまず上昇させ、そこから一気に5次元へと移行させます。

 という話でした。それで彼女はためらいながらも、地球に来ましたが、このとんでもなく低い次元になっている理由も明かされます。では続きをご覧ください。

 

S:…でも私はもうここに来ています。

N:来たんですね。

S:躊躇しましたが、それを辞めるという権利は私にはない。ただ非常に躊躇があった。非常に抵抗があったということです。

N:そうだったんですね。でもそれで地球に降りてきてるということですね?

S:はい。

N:一緒に送られてきた天使の仲間には会ったんでしょうか?

S:はい。

サブコンシャスとの会話

なぜ先ほどの人生を選んで見せたのか?

S:彼女が今とても戸惑っているみたいだったから。

N:戸惑っているというのはどういうところでしょうか?

S:この状態でいいのかという悩みを持ってみたいです。

N:そうですね。先ほどの話とも関係してるかもしれませんけど、その天使のグループを離れた方が良いのではないかというのが質問にありますがz、それはどうなんでしょうか?

S:離れることは勧めません。

N:それはどうしてですか?

S:私たちはグループでここに来ています。そして、それを条件として、ここで滞りなく生きていくことができるように設定されています。それはエルダーが私たちの面倒を見るということです。エルダーが私たちのここでのあらゆることの面倒を見るために…その面倒を見るということを条件として私たちはここに来ました。ですから、エルダーと離れてしまうと、ここで生きていくことが難しくなるでしょう。

N:エルダーが全て面倒を見てくれると、そういう条件で来てるんですね?それはいわゆる金銭的なことであったりとか、そういうことも含まれるというですね?

S:いいえ、そういう三次元的なことではなく、エネルギーがこの地球という非常に異なる周波数にエネルギーに私たちは来ています。そこで問題なく生きていくためのエネルギー調整ということです。

N:そういうことですか。

S:生きていくというのは、そういうことになります。

N:三次元的なお金とかは関係なく、エネルギー調整をするというのはもう条件含まれてるんですね?それがあるからこそここで生きていけると。

S:はい。

N:では離れるということ、イコールその調整が受けられなくなると?

S:はい。

N:だから離れることは勧めない?

S:はい。

N:グループが関わるある出来事がきっかけで離れることを考えたということですが、その意味って何でしょうか?

S:私は非常に自己犠牲の精神が強いのです。私は犠牲になったことでグループの皆にそのような危険があると知らせることができました。私には自己犠牲ができる強さがあります。

N:それをきっかけにちょっと、Sさんがグループを離れたこととは関係ないということですか?

S:それは彼女の単なる弱さです。彼女の人間的な感情が問題ですね。人間的な感情が必要ないということは彼女もわかっているはずです。ですからなんとなく遠慮を感じるとかグループ内で浮いているとか、そのような人間的感情は必要ないということです。

N:彼女はどうしてそういう感情持ってしまうんですか?

S:やはり、ここでの生活が長いせいでしょうか。ここでは自分を守るために色々と自分をごまかして生きていかなければならなかったということでしょう。

N:守るためにごまかしてきた部分っていうことではそういう感情を持ってしまうようになったと。それに対して今何かできるヒーリングなどあればお願いしたいんですけど、どうでしょうか?

S:はい。…………彼女の不必要な人間的感情を手放すワークをしました。

N:どんなふうにされたんですか?

S:ただ、その感情部分を手放すと意図するだけです。

N:そういうことは今後ももし必要であれば彼女自身がやったらいいということでしょうか?

S:はい、できると思います。

浄化方法について

N:たぶんそれも関連してなんですけども、浄化する方法を教えてくださいという質問があるんですけども、今やってるその浄化の中であるやり方以外はあまり効いてる気がしないという話なんですけど(効いてはいるが常にやるのが大変)。

S:そうですね。(その)浄化が大変なのはわかっています。ですから私は彼女に引越しさせました。2年前Sに住んでいた時は非常に浄化が必要な状態でしたが、現在の住居では浄化はそこまで必要ではないでしょう。それでも必要だと言うならば、やはり自然と一体となる意識をすることが効果的ではないかと思います。

N:もう少し教えていただけますか?どういうふうにするんですか?

S:現在、彼女の住居の近くにとても自然の多い場所があります。そこへ行くまたは行かなくてもここにある木々たちまた自然、それらと意識を合わせるという感覚を持つと、彼らの意識が聞こえてくるでしょう。そして彼らに浄化をサポートしてもらうようお願いします。彼らは地球のために働く存在を大切に思っていますので、必ず助けてくれます。

N:素晴らしいですね。今いるところではそこまで浄化を頻繁にする必要ないという話でしたけど、どういう時にしたらいいんですか?

S:彼女は匂い、または音、そして感情、自分の中にある感情で自分の状態を理解することができます。部屋の匂いが気になる、音が気になる、そして自分の中の感情にイライラ、あるいは怒り、不快感などがあった場合、浄化を勧めます。

N:今、毎日ようにした方がいいと彼女はおっしゃっていたんですけど、そのように彼女が感じた時にやると?

S:はい。

N:これだったら割と彼女がやりやすくて、彼女もやれそうな感じですよね?

はい。できると思います。

地球に来た目的

N:地球に来た目的というのは先ほどおっしゃっていたことなんでしょうか?

S:そうですね。大まかにはそうです。

N:もう少し教えてもらえますか?

S:ただ私たちは先ほども申し上げましたが、具体的に何かをしろと言われているわけではありません。

N:個人としての目的みたいなのは何かあるんでしょうか?

S:…………個人的には、…ここで情報を集めるということもあるんですが、それは個人的なことに入りますか?何かしなければいけないということは、特にないです。

N:そうなんですね。じゃあ、情報を集めるということはやるかもしれないけど、行動として何かしなければいけないことはないということですね?

S:そうですね。周波数を上げることがまずは第一です。この非常に困難な状況で周波数を上げていくことは、彼女にとってひとつのチャレンジです。それがどこまでできるか。それをやっていくことでしょう。

N:なるほど。それが個人の目的になるということが考えられるとことですね?

S:そうですね。

N:地球というのは、そんなに非常に困難な場所なんでしょうかね?

S:とんでもなく困難です。

N:なぜこの場所はそんなに困難なんですか?

S:まず、意識を保っていられません。まず…常に何かをしようとしても、それが流れていってしまうような、難しい…周波数なんですね。

N:そうなんですね。

S:ですから、ものすごく強く、強く、強く意志を持たなければ、ここでは達成できないでしょう。

N:そうなんだ。強く、強く、強く、すごく強く持たなければ。

S:はい。簡単にかき消されてしまいます。

N:何によってかき消されてしまうんですか?

S:ここでの周波数の状態は独特です。分かりやすい感じでいうと、電磁波のような…妨害電波のような…そのようなものが常に動いています。それらの間をかいくぐりながら、周波数を上げていくことは、とても大変です。

N:本当にそうですね。なぜ地球にはそんなに妨害電波みたいなものがいっぱいあるんですか?

S:それは…地球を上げたくない存在がいるからです。

N:どういう存在なんですか?

S:かつて地球を自分のものにしたいと思った宇宙のグループたちですね。ここで何をしたいのか分かりませんが、ある一つの星を一つのグループが個人的欲望で所有するなど、宇宙では許されません。しかし地球では、なぜか彼らのような存在が、ずっと残り続けています。

N:その存在によって地球の振動数を上げないように、妨害電波みたいなものができていると?

S:はい。

N:そのグループが勝手に所有しようとしているんですね?

S:はい。

N:そこを変えるという意味でもいっぱい助けが来てるんですね?

S:はい。

N:あなた方の天使グループ以外にも来てるんでしょうか?

S:たくさんたくさん来ています。

N:そのやり方がおかしいからということで助けが来てるということですか?

S:銀河連盟グループの監視から…目に余る行動だったため…とても問題になりました。

N:それでいろんなところから、今助けに来ていると。

S:全部地球による要請です。

N:地球という惑星ですかね?

S:はい。

N:それが要請したので、いろんなとこから来ていると。地球自身はもう5次元にまで行きたいと思ってるということですね?

S:はい。

N:そういう困難な状況の中で、振動数を上げるというチャレンジをSさんという存在になってしようとしてるのは目的の一つなんですね?

S:はい。

N:かなり大変なことを背負ってきたってことですね。

S:大変ですね。

〇〇を作ることについて

N:(グループの活動以外に)今現在Sさんは〇〇を作って何かやりたいと思ってるんですけど、それについはどうなんですか?それをすることで、周波数をあげていくという、その一つの手段になります。

それはどんなふうになりますか?

S:〇〇を作るということは、彼女にとって、とてもやりやすい一つの手段であり、自分のブロックを見つけやすい方法です。ですから〇〇を作ることが目的ではなく、自分は何を感じるのか、自分がここでどんな不必要なものを身につけてきたのかということを気づいていくことができます。ですから、〇〇を作ることはいいのですが、作ったものを何か周波数を上げる目的に使うとか、そういうことではないということです。

N:作るのは彼女自身の気づきを助けることに役立つってことなんですね?

はい。それはなぜ〇〇なんですか?例えば今まで陶芸とか他にもデザインのことをやってるんですけど、なぜ〇〇なんでしょう?

S:〇〇が彼女にとって、わかりやすいツールというか、そこに没頭できることが〇〇だということです。途中で飽きてしまっては気づきが得られませんから。

N:なるほどね。

S:だから自分のやりたいことをやるというのは大事です。

N:じゃあそれに没頭して、自分の気づきが得られることで振動数が上がっていくことに貢献するということですね?

S:はい。

N:それは素晴らしいですね。

 つづく。

セッション再開しました

セッションを再開し、以前ご予約頂いた方をご案内しました。その間に有難いことにたくさんのお問い合わせを頂き、7/1より、新規の方のご予約を受け付けていたら、8月分まであっという間に埋まってしまいました。お陰様で7月8月はすべて満席です。ありがとうございます。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

ただ東京のコロナ感染数が増えており、緊急事態宣言が出るような事態になったら、キャンセルや変更になることもあります。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com

天使のためらい①

f:id:qhht:20200711222500p:plain

こんにちは!
QHHTレベル2プラクティショナーのNaokoです。

今回のQHHTセッション記録は、今年の1月に行われたものです。前回、銀河からワニが人類を助けるために渡ってくるお話を書きましたが、今回は銀河の天使が降りてくるお話になります。ドロレス・キャノンは宇宙からボランティアが来ていると書いていますが、その形態は様々ということなのでしょう。

また最近ドロレス・キャノン著の『ノストラダムスとの対話』を翻訳しましたが、その中でノストラダムスが述べているのは人類が困難に向き合う時代では古い魂も多く生まれてくるということです。

世界の古い魂の割合は今やかつてないほど高くなっている。なぜなら、世界が生き残るために古い魂が必要とされるからである。どこにでも、思いがけない場所ですら古い魂を見つけるだろう。古い魂はお互いにコミュニケーションを取り、物事を取りまとめ、生き残るのを助けるだろう。

 しかし、この天使は地球に降りることを躊躇っています。なぜなのでしょうか?

次元の狭間

N:何が見えますか?

S:一面ブルーなんです。

N:それは下ということなんですか?それとも全部?

S:全部…

N:どんなブルーですか?

S:スカイブルー。

N:そこにいるのはどんな感じですか?

S:なんとなく奇妙な感じです。

N:何が奇妙なんでしょうか?

S:何なのか?…これは何なのか?これはどこなのか?

N:じゃあ、あまり見かけないような場所なんですね?

S:はい。

N:一面ということは、天と地みたいなものもないのですか?

S:ありません。

N:ないんですね。じゃあ、スカイブルーの空間のようなところにいると。

S:はい。

N:なるほど。他にスカイブルー以外に何か見えるものはありますか?

S:………探してるんですが、今のところ特にないです。

N:はい、大丈夫です。どうですかね、奇妙な感じって言いましたけど、他にその空間で感じる感覚みたいなものはありますか?

S:よく分からないんですが、…なんとなく、ここはどこから狭間のような感じがします。

N:何かと何かの狭間?

S:はい。

N:何と何の狭間のような気がしますか

S:…………次元の狭間です。

N:どの次元とどの次元なんでしょう?

S:……よくわからないです。

N:よくわからない。でも、どこかの次元と次元の狭間と?

S:はい。

N:そこで何をしてるんでしょうね?

S:………よくわからないですね。迷い込んじゃったのかな?

N:ここに来るのは初めてですか?

S:はい。

N:迷い込んだということは、どこかに行こうとしてた?別のところにいたのに迷い込んでしまった?

S:…………私はこれからどこかに行こうとしていますが、……そこに行くことに躊躇があるみたいです。

N:なるほど。どこかに行こうとしてるけど、そこに行こうとすることに躊躇があるだから狭間にいるんですね?

S:はい。

N:何を躊躇してるんですか?

S:本当は行きたくないみたいです。

N:行こうとしてるけど、本当は行きたくない?

S:はい。

N:なぜ本当は行きたくないところに行こうとしてるんですか?

S:それは要請されたから。頼まれたから。

N:これを頼んだのは誰なんでしょう?

S:エルダーです。

N:エルダー。エルダーがあなたに頼んだ?

S:はい。

N:なぜエルダーは、あなたに頼んだんですか?

S:私は必要だからだと言っています。

N:そのことについてどんなふうに感じたんですか?

S:私は行きたくないと言いました。

N:言ったんですね。すると何と言われたんですか?

S:話し合いの末、私は行くことに納得し…、行くことに決めたのですが、やはり躊躇があります。

N:なるほどね、そういうことですか。

エルダーというのはどんな姿をしてる人なんですか?姿形はありますか?

S:エルダーは今ここにはいないので、わからないですが、……特に姿形はないのかな。

N:頼まれた時のあなたというのは、どんな体をしてますか?

情報を運ぶ天使

S:…………私は天使なので。

N:天使なんですね。どんな格好なんですか?

S:……白い、シンプルなワンピースのような布を纏っています。でも、よく言われているような羽根はないんです。

N:羽根はないんですね。

S:…ないと言うか、あるんですけど、見えないです。

N:そうなんですね。あれ(羽根)は人間が勝手につけたものなんですね。

S:あれはすごくエネルギー的象徴のようなものなんです。

N:なるほど。エネルギーの象徴として羽根みたいなものがあって、でも実際はないと?

S:あのような形でついているわけではないです。

N:どんなふうになってるんですか?

S:見た目は特にないんです。

N:でも空を飛んだりとかはできる?

S:空を飛ぶ……あの羽根は空を飛ぶためにあるわけではない。

N:何のためにあるんですか?

S:ですから、あれはエネルギー的象徴です。

N:エネルギー的象徴で…どういうものを示してるんですか?

S:風です。

N:なるほど。

S:風の吹くところに天使がいるのです。

N:そういうことですか。

N:それで天使って、どういう仕事を普段してるんですか?風の吹くところで何をしてるんでしょう?

S:色々な役割がありますので、それぞれ違うんですが、私の役割としては、情報を運んだりします。

N:情報を運んだりもするんですか。すごい。それはどんなふうに運ぶんですか?

S:ある情報を必要としているところに、私が持っていく感じです。

N:なるほど。じゃあ情報を必要だと思う存在がいたら、そこに運んでいく?

S:はい。

N:それが分かるんですか?この存在この情報が必要だとか。

S:はい。

N:どうやってわかるんですか?

S:光が見えるんです。

N:どんな光でしょう?

S:特定の情報が必要な存在は、特定の光を発します。それにあった情報…情報というのも光なんですが。

N:情報も光なんだ。

S:はい。それにあった情報、つまり光のエネルギーを届けます。

N:それはなかなか面白い仕事ですね。ご自分でこの仕事をどんなふうに思っていますか?

S:私はこれを役割だからしている。特に何も思いません。

N:なるほど。役割なんですね。じゃあ、これをずっとしてるって事ですね?

S:…今聞かれたからそう言いましたが、これは天使の仕事の一つです。

N:他にも仕事があると?

S:はい。

N:例えばどんな仕事があるんですか?

S:その場所のエネルギーを整えたりします。

N:それはどうやってやるんですか?

S:具体的にうまく言葉にはできないのですが、必要ないものを取り払うというか、浄化して、足りないものを補います。それは全てバランスです。

N:それも、光なども関係してるんですか?

S:光…光は情報です。エレメントを使って、エレメントを整えます。

N:場所についてはエレメントを使うんですね?

S:はい。

N:エレメントというのはいわゆる四つのエレメントですか?土と火と風と水。それを使うと?

S:はい。

N:いらないもの取り去って足りないものを入れると?

S:はい。

N:情報が必要なところに情報を届けたり、場所を整えたり。他にも何かやってることはあるんですか?

S:う~ん、これは難しいことですけど、宇宙の法則を……整える仕事をしている天使もいます。

N:そうなんですね。それはどういう意味なんですか?

S:宇宙にはたくさんの法則があります。そうしなければ、秩序が保てません。それに違反していないかどうかチェックする部署もあるんです。

N:そうなんですね。もし違反していたらその担当する天使が何かするんですか?

S:そうですね、そうだと思うんですけど、ちょっと詳しくは今わかりません。

N:あなたの仕事ではないんですね?

S:はい。

N:天使全体の仕事の一部として。

S:はい。

N:なるほど、ありがとうございます。面白いですね。あなたの仕事に関しては情報を必要な人のところに運ぶことされていると。先ほどエルダーからあるところに行けって言われて抵抗しているということでしたけど、この仕事とは関係がある?ない?

S:この仕事とは関係がありません。

N:じゃあ、なぜ行けと?

S:エルダーは今回地球に来るように私に言いました。ですので、今私がしているこの天使の仕事を一旦置いて、地球に行くように言いました。

N:地球に行くようにいった。それに対して抵抗していると?

S:はい。

なぜ地球へ行くことをためらうのか

N:なぜ抵抗してるんですか?

S:行きたくないからです。

N:どうして行きたくないんですか?

S:地球という星は、聞いたらとんでもない星だと言うじゃないですか。

N:確かに!そうです。とんでもないです。

S:そんな所に行きたくないです。

N:それは、そうですよね。行くことに関して、エルダーは何て説明したんですか?

S:今回のミッションは、どうしても成功させる必要がある。そのためには、力があり、経験豊富な天使たちの存在が必要だということです。

N:じゃあ、あなたはその一人ということなんですね。

S:そのために呼ばれた一人です。

N:他に呼ばれた天使もいると。そのミッションというのは何なんですか?

S:今回地球は、とても大きな転換期を迎えます。それには………転換することを助ける存在が必要です。地球の今のままでうまくいかないようなので、必ず助けが必要なのです。私は地球の転換を助けるというミッションを担ってきました。

N:地球の転換というのは、どんな転換なんですか?

S:……これまでの、とんでもなく低い次元から、正常な次元へとまず上昇させ、そこから一気に5次元へと移行させます。

N:そうなんですね

S:このとんでもなく低い次元は非常に問題です。

N:どういうところが?

S:通常は助けを必要とせず、次元上昇できますが…

N:それは他の惑星は、ということですか?

S:はい。

S:現在の地球は、あまりにも低くなり過ぎてしまいました。

N:そうなんですね。

S:このままでは宇宙全体の周波数を下げる要因になってきます。そうさせないようにしなければなりません。

N:確かにそうですね。それでその変換を助けるためには経験のある天使たちも送られてきてるということですが、何をするんですか?

S:私達は周波数を上げるために来ていますが、具体的にどうしろとは言われていません。

N:そうなんですね。

S:来てみなければわからないことがたくさんあります。

N:確かに。

S:ですので、一旦ここに来た上で、上げる方法を考える…というか、……上げる方法をどうにかして、……ここの状態に応じてやっていかなければならない。

N:なるほど。

S:だからとても大変なんです。

N:それは大変ですよね。ここに応じた方法というのは、以前天使の時に使ってたようなやり方では、やっぱりうまくいかないということなんでしょうか?

S:ここでは使えません。

N:どうしてですか?

S:人間の形をしてるから…人間という肉体にいると、非常に制限がかかります。私達はここでできることは非常に限られています。ですから、どうにか工夫して、対処していかなければなりません。

N:目的としてはこの地球の低いとんでもない低い振動数をまずはあげていくということなんですね?

S:はい。

N:そしてさらにそれを5次元まで上昇させないといけない。なぜそれは今このタイミングなんですか?

S:タイミングなんでしょうかねえ?なんか地球から頼まれたんです。地球…助けを頼まれたから。

N:助けを頼まれたから?

S:地球という惑星は意識を持つことを知っていますか?

N:別なんですね?住んでいる人ではなく、地球という惑星。

S:はい。

N:そこからの要請?

S:はい。

N:じゃあ、地球が5次元に行きたいと?

S:はい。

N:それで今回…天使達とおっしゃいましたけど、グループで一緒に来たんでしょうか?

S:はい。

N:かなり多くの天使が来てるんですか?

S:たくさん来ています。

N:皆さんそれぞれ、来てみないとわからないので来てからいろいろ考えてるんでしょうかね?

S:う~ん。来てから考えようとしても、どうしようもない感じですね。なので、私たちにはマスターやエルダーがいますから、彼らが宇宙と繋がった上で私たちに指示を出します。私たちは個別に動ける存在ではありません。私達は自分の意思で何か仕事をするわけではありません。私達は常に宇宙の要請をうけ、働く存在です。

N:個別に考えたりせずに、宇宙と繋がるマスターやエルダーに従っていると?

S:はい。

N:こういうのは他の星とかでもやってるんですか?地球だけですか?

S:地球は特別です。

N:そうか、普通他の星は自分たちで出来るって言いましたっけ?

S:そうです。あまり私たちが手を貸すようなことはありません。

N:あなたは宇宙の中で…先ほど言ってた情報が欲しいと思う存在がいたら届けるというのは、宇宙規模でやってるってことなんですね。

S:そうです。

N:今回来たのは地球という惑星からの要請で、それもエルダーから頼まれたからってことなんですね。でも本当は行きたくなかった?

S:もちろんです。

N:それで躊躇しているということですね?

S:はい。

N:それから、どうしますか?

S:…でも私はもうここに来ています。

 つづく。

セッション再開しました

セッションを再開し、以前ご予約頂いた方をご案内しました。その間に有難いことにたくさんのお問い合わせを頂き、7/1より、新規の方のご予約を受け付けていたら、8月分まであっという間に埋まってしまいました。お陰様で7月8月はすべて満席です。ありがとうございます。

次は9月のセッション予約になります(8/1開始)。セッションの空き状況はツイッターで流すことにしましたので、ご興味のある方はフォローお願いします。

https://twitter.com/QhhtN

 

noteサークルは宇宙記憶探索と名前を変え、月に一回の神殿から惑星探索、恒星への探索と宇宙情報、「ノストラダムスとの対話」翻訳紹介などを出すものに変更しました。興味のある方はぜひどうぞ。

note.com